知らないと危険!赤ちゃん・子どもへの日焼け止め使用はここに注意!

紫外線が強い季節になりました!少し外に居るだけで日焼けの心配があるこの季節、赤ちゃんや子供には日焼け止めは使っていいのか?どんなものを使えばいいのか気になりますよね。

日焼けは将来的にアレルギーや皮膚ガンになる可能性があるとも言われていますが、小さい赤ちゃんに日焼け止めを塗っても大丈夫なのかも心配になります

そこで、日焼け止めの赤ちゃんや子どもへの使用について調べてみました!



赤ちゃんへの日焼け止め使用はここに注意!

紫外線が一番強い季節になって、赤ちゃんとのお散歩やお買い物などの日常のお出かけにも、「日焼け止めは必要?」と気になりますよね。赤ちゃんが日焼けすることで将来的にどんな心配があるのか、日焼け止めは安全なのかについて調べました

日焼けすることでの影響は?

日焼けで気になるのは、日光に含まれる紫外線を浴びすぎることです。紫外線を浴び過ぎてしまうと、シワやしみなどの皮膚の老化を早め、将来皮膚癌になる可能性が高まり、白内障などの目の病気を起こしやすくなると言われています。

光老化」と言われる老化で、肌の老化には加齢による老化と紫外線を浴び続けたことが原因の光老化があるんです。

光老化は、日光を長年浴び続けることによってひき起こされる肌のしみ、しわ、たるみなどの皮膚の変化のことです。光老化は加齢による老化とは質的に異なり、紫外線を浴びた時間と強さに比例するとされます。光老化は皮膚がんの発生にも関わっています。(持田ヘルスケアより引用)

人は18歳までに生涯で浴びる紫外線のおよそ半分を浴びると言われていますので、自分で予防できない子どもの頃の日焼け予防が大切だということが分かります

可愛い赤ちゃんが将来皮膚ガンになったり、シワやシミが出来るのは辛いのでなんとか予防してあげたいですね

日焼け止めを使うことのメリット・デメリット

日焼け止めを使用することで、光老化を防ぐメリットがあります。ただ赤ちゃんの場合は日焼け止めの成分に注意が必要です。

デメリットとして、日焼け止め成分が皮膚から吸収されてしまう危険性があると、米国・医師会雑誌に掲載されたことがあります(2020年)

日焼け止め成分は、紫外線錯乱剤(太陽の有害な紫外線を防ぐ)紫外線吸収剤(スポンジのように太陽の有害な光を吸収する)の2つでできています。

この中の紫外線吸収剤が皮膚から吸収されるので安全ではない可能性があると言われています

そこで紫外線錯乱剤でも、より安全な成分のものを使った方が良いと、米国・食品医薬品局では推奨しています

紫外線散乱剤である酸化亜鉛と酸化チタンの2種類を “一般的に安全で効果的な“日焼け止め成分として認定していて、子どもであったり敏感肌である場合は、酸化亜鉛や酸化チタンの使用を優先したほうが良いとしています(堀向健太医師)

また、スプレー式の日焼け止めは子どもには使わない方がいいとも言われています

生後6か月以降であれば成分に注意しながら使用すれば、メリットの方が上回ると言われています。6か月未満の赤ちゃんには日焼け止めは使わない方がいいようですね

子どもへの日焼け止めの使い方

これからの季節は、海や山、ベランダでビニールプールなどの外遊びが増えますよね。お外が大好きな子どもの場合、日焼け止めはどう使用したらいいのでしょうか?

やはり子どもの場合も日焼け止めの成分に気をつけながら使用をすることが推奨されています

虫除けや塗り薬との塗る順番は?

皮膚科等で塗り薬が出ている場合や、虫除けを使う場合どの順番で使うのが正しいのでしょうか?

皮膚科医によると、まずは塗り薬→日焼け止め→虫除けの順番に使うように推奨されています。

日焼け止めの選び方としては、SPF15〜30で十分と言われています。またノンケミカルを選べばより安心ですね。

米国小児科学会は、生後6ヶ月以上であれば、SPFという紫外線をどれくらい防ぐかを表す値が15以上の日焼け止めを使い、ほとんどの人はSPF15か30で十分としています(堀向健太医師)

アレルギー物質不使用」「低刺激」などの表示があれば、より安心です。日焼け止め効果の強さよりも、成分に注意して選びたいですね

日焼け止めを塗った後は洗い流すこと大事!

日焼け止めを使用したときに大切なことは、しっかり洗い流すことです。子どもはよく汗をかきますが、それでもお出かけから帰ったら石鹸でしっかり日焼け止めを洗い流すことが日本小児皮膚科学会でも推奨されています。

効果的な日焼け予防の方法は?

日焼け予防は日焼け止めだけに頼らずに、子どもとの活動を見直すことも大切です

まずは活動時間を見直そう

紫外線が一番強い時間は午前10時〜午後2時と言われています。その時間の屋外での活動を控えるだけでも日焼け予防になります。

また日陰は紫外線が半減すると言われていますので、日陰で遊ばせる・パラソルなどを活用することも大切です。

長袖の衣服やツバの広い帽子も必須アイテムでしょう。紫外線を散らすには白い色の洋服がオススメです。ただ、長袖で長時間外で遊ばせると熱中症のリスクもありますので気をつけましょう。最近は紫外線防止効果のある繊維も開発されていますね

過剰な日焼け予防は危険⁈

日焼けを過剰に予防してしまうことには、デメリットもあります。

紫外線の効果は?

紫外線を浴びることでビタミンDが作られます。ビタミンDは骨の形成に大切なビタミンですが体内では生成されないので、紫外線を適切に浴びないと骨の成長が悪くなってしまいます。

どのくらい浴びればいいの?

「1日のうちに15分くらい、手の甲が日光に当たる程度の紫外線で大丈夫」と日本小児皮膚科学会では言っています。

つまり日常生活で必要十分な紫外線を吸収できるということですね!

まとめ

外遊びが増える季節になり、紫外線の影響や日焼け止めの使用についての心配が増えています。

生後6か月までは原則的に日焼け止めを使用せずに、活動時間や衣服の調整で日焼けを予防した方が良いようです。

6か月以降は日焼け止めの成分に注意して選べば大丈夫ということが分かりました。

また、活動時間や衣服での調整、日陰を選ぶという基本的なことに注意しながら子どもとの楽しい時間を過ごしたいですね!