清水圭が芸能界を引退で気になる、元相方の和泉修は足ツボサロンのオーナーに?

お笑い芸人の清水圭さんが引退を発表されました。清水圭さんといえば、かなり昔ですが「探偵ナイトスクープ」でたくさん笑わせてくれた存在でしたよね!

そんな清水圭さんの引退を聞いて、「そういえば圭・修というコンビはどうした?」と疑問に思いました。そこで、圭・修コンビがどうなったのか?今現在の修は何をしているのか?などについて調べてみました!



圭・修コンビとは?

清水圭さんが芸能界を引退すると発表してから、「『圭・修コンビ』はどうした?」という投稿をたくさん見るようになりました。

清水圭さんといえば、圭・修の圭というイメージが強いですよね。

コンビ結成は1986年6月で、漫才コンビ「清水圭・和泉修」略して「圭・修」として活動を開始しました。2人は関西の名門・同志社大学の先輩後輩の間柄で清水圭が1学年先輩です。

コンビ結成の翌月(1986年7月)に新人の登竜門である「今宮子供えびすマンザイ新人コンクール」で優勝して、関西でたくさんのレギュラーを抱える人気コンビになりました。

1987年8月から「圭・修のオールナイトニッポン」のパーソナリティを務め、東京進出を果たしました。しかしその後の東京では特に活躍できずに、また関西に戻ってきました。

1993年に清水圭が拠点を東京に移すまでは、関西でコンビとして活動されていました。清水圭が「探偵ナイトスクープ」に出ていたのもその頃ですね。

1993年に清水系が東京に進出してからは、事実上の活動停止で和泉修は関西で単独の仕事をされていました。単独の仕事の内容は「クイズ番組のパネラー」や「レポーター」などでしたが2001年に正式に解散しました。

コンビを組んでいた期間は15年ですが、休止期間が長かったので実質の活動期間は7年でした。

思ったより短くて驚きました!それでも「圭・修」として記憶に残っているということは、当時はかなりテレビに出ていたんでしょうね!

 

「修」こと和泉修の経歴まとめ

修こと和泉修さんの経歴がすごいんです!

修さんも清水圭さんと同じく同志社大学を卒業しましたが、学部だけではなく大学院に進んで修士課程を修了しています。同志社大学の総合政策科学研究科修士課程を修了していますが、清水圭さんは東京に拠点を移した後に進学されて、ピン芸人としての芸能活動と大学院生という2足の草鞋でした。

圭・修を解散した後は、高山トモヒロさんと「ケツカッチン」というお笑いコンビを結成していて今もコンビのままです。

このコンビ結成の訳は、M-1グランプリのことを知った和泉修さんが「もう一度漫才師として舞台に立ちたい。M-!に出たい!」と奮起して圭に解散をお願いしたという経緯があります。

そんな和泉さんの念願のM-1グランプリ予選には、「ケツカッチン」は2001年・2008年・2015年の3回出場しています。2001年と2015年は3回戦進出、2008年は準決勝まで進んでいます。

アマチュアボクサーだった!

修さんは実はアマチュアボクサーとしての経歴も凄かったんです。

高校時代にインターハイのフェザー級で優勝しています。和泉さんが卒業した大阪浪速高校ボクシング部には赤井英和さんが先輩でいました。赤井英和さんとは長年の交友があり共演もされています。

大学時代はタイで開かれる国際試合の「キングスカップ全日本代表」に選出されていました。日本人では井岡一翔選手も優勝している大会です。

さらにロスオリンピック候補選手にもなっていました。すごいですね!

大学卒業後はお笑いの世界に入ったので、しばらくボクシングからは離れていました。1990年にウエルター級でプロデビューし、2戦2勝でした。この時の和泉さんは「芸能界において初心に帰る」という目的意識のもとに挑戦されたそうです。

修さんのボクシングの強みは「フェザー級の常識を超えた身長と長いリーチ」でした。

 

和泉修の現在の仕事は?

和泉さんはコンビも続けながら、

奈良県生駒市で「足識食癒施術法」サロン3Sを営みながら、食育など健康に関する講演をしているそうです。(本人Twitterより)

「足識食癒施術法」足ツボサロンのようです。

和泉さんが足ツボに出会ったのは、番組収録の際に三半規管を損傷したことをきっかけだそうです。そのときに通った足ツボ療法で、現在も師と仰ぐ専門家に出会い自分もその世界に入るきっかけとなりました。

さらに和泉さんは足ツボだけでなく栄養学なども絡めて、「足識食癒施術法」という独自のスタイルを確立して現在も活動されています。

 

清水圭との関わりは今もある?

和泉さんが以前のコンビである清水圭さんと今も交流があるかどうか調べてみました。

どちらのSNSにも特にコメント等はありませんでした。

コンビ解消してからすでに20年以上が経っていますので、覚えているのは一部のファンのみと思われます。

まとめ

確かに、「圭・修」を知っている世代はきっと50歳代以上ですね!それだけに懐かしい時代を思い出してしまいます。

今後のお2人それぞれのご活躍とお幸せをお祈りします。