まふまふが無期限活動休止!気になる病状は?今後の「そらる」との活動は?

「まふまふ」さんの無期限活動休止が発表されてファンの間に衝撃が走っています。

病気療養のため6月のワンマンライブを最後に活動を休止して、SNS等のインターネットでの発信も停止するという内容です。

「まふまふ」さんの病状や今後の活動が気になります。「そらる」さんとのユニットはどうなるんでしょうか?病状や今後の活動について調べてみました。



まふまふの無期限活動休止の理由は病気療養!

まふまふさんが病気療養のために無期限活動休止が発表されて、ファンの間に衝撃が走っています。

医者からも休むように言われていたが、活動がとんとん拍子で休むタイミングが難しかったとうことです。

病名は特に発表されておらず、「心身の病症」という発表でした。

心身症とは身体疾患の中で,その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し,器質的ないし機能的障害が認められる病態をいう。ただし,神経症やうつ病など,他の精神障害に伴う身体症状は除外する。(日本心身症学会より)

心身症とは、心理的な原因で身体に色々な症状が出ることのようです。 一般的な症状としては喘息や高血圧、低血圧、胃十二指腸潰瘍、蕁麻疹、リュウマチなど色々な症状が含まれます。

以前も自宅で倒れていた⁈

2020年2月自宅で倒れているところをスタッフに発見され、病院に運ばれたことがありました。

心原性の失神とされ、精密検査と数日間の休養を取ってすぐに復帰しました。2020年に倒れるほどのストレスや疲れがあったということでしょうね。

その後、さらに忙しくなっていますので心と身体に限界がきたのかと思われます。

まふまふの今後の活動は?

まふまふさんは6月11日12日に東京ドームでワンマンライブが予定されています。このライブを最後に、無期限の活動休止をするということです。

SNSを含むインターネットでの発信も休止するという内容でした。

まふまふさんはYouTubeのチャンネル登録者がメインチャンネルが342万人、ゲーム実況のサブチャンネルも18万人と大人気のYouTuberでもあります。それらのソロ活動は一旦休止するということです。

楽曲提供などはこれからも続けていくという発表でしたので、作詞・作曲・編曲などは今まで通りに続けていかれるようです。

そらるとの活動はどうなる?

まふまふさんといえば、相方と言われている「そらる」さんが気になりますね。

活動休止が発表された夜に「そらる」さんがツイキャスで

「AtR」(After the Rain)は音楽中心の活動をちょこちょこやっていきたい

・そらまふ定期配信は一旦休止だが、たまに誘ったりするかも?

と話されました。

これを聞いて、「安心しました。」「待ってますね。」とファンの安心の声がたくさん投稿されました。

まふまふの経歴まとめ

まふまふさんの肩書きは、ボーカリスト・作曲家・作詞家・編曲家・ミキシングエンジニアです。

2010年12月からニコニコ動画に投稿を始め、2017年初のワンマンライブを開催しました。その後も、「ひきこもりたちでもフェスがしたい!」を主催しました。

2018年からは「ひきこもりでも〇〇したい」(ひきまる)番組の配信を始めて、さまざまなやってみたいことにチャレンジしています。

2020年3月に東京ドームでのワンマンライブ予定でしたがコロナ禍で中止になりました。2021年5月5日に東京ドームでの「全世界無料配信ライブ」をまふまふチャンネルで配信して大きな話題になりました。同時視聴はなんと、40万人だったそうです。

2021年12月31日には紅白歌合戦に初出場しました。高低差のある歌声が観客や視聴者を魅了しました。

まとめ

まふまふさんが病気療養のため無期限活動休止というニュースに驚きました。心身症は色々な症状が出てつらいと思います。ゆっくり休んで、心と身体を大事にして欲しいです。楽曲提供やユニット、コラボは続けていくということですのでこれからもまふまふさんの音楽を楽しみながら、ソロ活動に帰って来られるのを楽しみに待ちたいと思います。