芥川賞候補の鈴木涼美さんは元AV女優!経歴や学歴は?出演作は?特技がヤバい!

芥川賞と直木賞の候補者が発表されましたね!今回は直木賞の候補者の一人を除いて、全て女性ということでも話題になっています。

そんな女性候補者の中で、芥川賞の候補になっている「鈴木涼美」さんの経歴がすごいと話題になっています。鈴木さんは過去にAV女優もされていたそうなんです。学歴や経歴もすごいと噂の鈴木涼美さんについて調べてみました。



元AV女優の鈴木涼美さんが芥川賞候補に!

芥川賞の候補者が発表されました。3名の候補者の中のおひとり、鈴木涼美(すずきすずみ)さんが元AV女優だと評判になっています。

今回の候補になった鈴木さんの著作は「ギフテッド」です。本の通販サイトの書評では

衝撃的なデビュー作中編。「夜の街」の住人たちの圧倒的なリアリティ。そして限りなく端正な文章。新世代の日本文学が誕生した。

と書かれています。

「ギフテッド」とは「生まれつき突出した才能を授かった人」という意味です。夜の街の住人のリアリティとギフテッドという言葉の意味が結びつかないだけに、内容がとても気になる小説ですね。

鈴木涼美さんの経歴・学歴がすごい!

ここで鈴木涼美さんの経歴を見ていきましょう!

  • 氏名:鈴木涼美(すずきすずみ)
  • 本名:鈴木碧(すずきみどり)
  • AV芸名:佐藤るり
  • 生年月日:1983年7月13日
  • 出身:東京都中央区
  • 血液型:O型
  • 身長:158cm
  • スリーサイズ:B93cm/W68cm/H90cm
  • 学歴:清泉小学校・清泉女学院中学校・明治学院高等学校・慶應義塾大学環境情報学部・東京大学大学院学際情報学府
  • 職歴:日本経済新聞者(2009年〜2014年)
  • 両親:父・鈴木晶(法政大学名誉教授) 母・灰島かり(絵本研究家・翻訳家)

 

高校生時代は渋谷109界隈にたむろして、クラブやカラオケ三昧のギャルをしていたそうです。そして、慶應義塾大学時代に横浜・新宿でキャバクラ嬢として働きます。

アダルトビデオのスカウトの男性との交際をきっかけに、20歳で「佐藤るり」名でAVデビューしました。

元AV女優・鈴木涼美さんの過去のAV出演作は?

2004年から2008年の4年間で合計80本近くのAV作品に出演されています。

2014年に「文春にAV女優歴を暴かれた元・日経記者」と記事が出たときに、LITERAに緊急寄稿された文章に以下のように書かれていました。

私が21歳の時に受け取った単体作品のギャラ80万円(正確には源泉徴収分を除いた72万円だが)の中には、31歳になった10年後に週刊誌に茶化されてお母さんに怒られるリスクもしっかり入っていたはずである。(LITERAより)

単体作品でギャラ80万円が80本近くに出演ですので、ギャラ合計もすごい事になっていますね。

鈴木涼美さんの特技がヤバい!

色々多彩な経歴の鈴木涼美さんですが、特技がすごいんです。

特技①勉強

特技として勉強を上げている鈴木涼美さんです。小学校から私立に通っていますので、受験勉強も小さい時からかなりしていたと思われます。

清泉女学院中学校の偏差値は57〜65とかなり高いです。また内部進学せずに、明治学院高等学校に進んでいます。明治学院高等学校の偏差値は68とさらに高い学校に進学されていることが分かります。

大学は慶應義塾大学です。環境情報学部の偏差値は72,5です。偏差値72〜73の国立大学には東京大学法学部や大阪大学医学部などがあります。これだけでもいかに勉強が得意かがよく分かりますね。

特技②英語

鈴木涼美さんは小学5年生の時に、お父さんの長期休暇に同行して渡英しています。そこで2年ほど、ロンドン・ハムステッドにある私立女子校「セント・マーガレット・スクール」に通っていました。

小学校5年生から2年間、イギリスの現地校に通っていますのでそこで英語を習得されたんですね!

まとめ

芥川賞候補の鈴木涼美さんが元AV女優だった経歴について調べてみました。素晴らしい学歴や職歴と、AV女優やキャバクラでの経験を文学に昇華されていて感心します。今回の「ギフテッド」以外にもたくさん出版されていますので、ぜひ読んでみようと思います。