【競馬】藤田菜七子が″武者修行″!?アイドル騎手の壮絶な人生と快挙がヤバい!

今回は、【競馬】藤田菜七子が″武者修行″!?アイドル騎手の壮絶な人生と快挙がヤバい!というタイトルでお伝えしていこうと思います!

 



武者修行中の熱愛の行方

このたび、藤田菜七子騎手が″武者修行″中に、競馬関係者とのお泊まり愛が話題を呼んでいます!

 


相手は誰?

 

栗東トレセンの厩舎スタッフで、20代後半で、とても明るくて元気な人だそうです!

 

活動的で外で遊ぶのが好き。女性にもモテるタイプで、藤田菜七子さんとは、今回の武者修行中に知り合ったようですね!

 

なぜ武者修行?

 

二度にわたる骨折の影響もあり、19年の43勝をピークに、ここ2年の年間勝利数は右肩下がりだったそうです。

 

スランプから抜け出すために藤田菜七子さんが考えたのが、拠点である茨城県の美浦トレーニング・センターを離れ、“武者修行”に出ることだったそうです。

 

今年3月、単身で滋賀県の栗東トレーニング・センターに乗り込み、計3カ月半の修行をしていたようです!

結婚の予定は?

 

今回のスクープでは、本当に彼氏かどうかは、まだ定かではないようです。

 

所属事務所も、『プライベートは本人に任せている』という曖昧な回答。藤田菜七子騎手ご本人も、『仲良くは、しています…』とのこと。

 

今後嬉しいご報告が聞けることを楽しみに、温かく見守っていましょう。

 

 

アイドル騎手の壮絶人生

 

西原レナ元騎手以来16年ぶりの女性騎手として、注目を集めた藤田菜七子騎手。

 

しかし輝かしい成績の裏には、女性騎手だからと色眼鏡で見られること。

 

落馬骨折をきっかけに、現在まで尾を引いている成績の低迷など、多くの苦難があるようです。

 

騎手デビュー年に快挙

 

久しぶりの女性騎手の誕生とあって、藤田菜七子騎手のデビューは大きな注目を浴びました。

 

しかし藤田菜七子騎手は後に、『同期と一緒にデビューしただけなのに、自分だけが注目された』

 

『私は一人の騎手としてデビューしたんだからと思っていました。』

 

と複雑な胸の内を語っています。

 

2016年3月3日藤田菜七子騎手の初騎乗は、地方競馬の川崎競馬場でした。

 

デビューが中央の競馬場ではなく、地方の競馬場でというのは、JRAの新人騎手としては珍しいことでした。

 

川崎競馬第1競走、コンバットダイヤでの初騎乗は、2番人気での8着という結果に終わりました。

 

3月24日、地方競馬である、浦和競馬第3競走でアスキーコードに騎乗し、36戦目にして初勝利を飾ります。

 

4月10日福島競馬第9競争で、サニーデイズに騎乗し勝利!

 

これで中央競馬での、初勝利を果たします。

 

この勝利は、増沢由貴子元騎手の、2004年の勝利以来、12年ぶりの女性騎手による、中央競馬での勝利となりました。

 

その後、イギリスサンダウンパーク競馬場で実施された、レディースワールドチャンピオンシップなどにも参加。

 

2016年、デビュー年での中央競馬勝利数は、6勝となりました。

 

2017年から2019年の活躍

 

・マカオ国際男女混合ジョッキーズチャレンジに、JRA代表として、武豊氏とともに招待され参加。

 

香港を拠点に騎乗する、オリビエ・ドゥルーズとチームを組み、対象4レースに騎乗。6チーム中5位。

 

・マカオスプリントトロフィーで、海外初騎乗を果たす。結果は9頭中9着。

 

・10月21日新潟競馬では、JRA年間12勝目を果たし、増沢由貴子元騎手の11勝を抜く快挙!

 

 JRA女性騎手の、年間最多勝利記録を更新!

 

最終的にこの年は、14勝達成!

 

2017年、中央競馬騎手年間ホープ賞を受賞しています。

 

2018年には、勝利通算勝利数34勝で、増沢由貴子元騎手の持っていた、JRA女性最多勝利記録に並び、同日に、女性騎手の最多勝利数を更新。

 

2019年には、G1初騎乗、重賞勝利を達成。

 

これは、JRA所属女性騎手としては、2003年に西原玲奈が霧島賞を制して以来、16年ぶりの重賞制覇の快挙となりました。

 

そして、2020年にはJRA通算100勝を達成しました。

 

10代から、輝かしい快挙を達成し続ける藤田菜七子騎手。

 

私たちが、想像できないような努力や壮絶な経験を糧にして、ここまでの成績を出してきたのかもしれませんね。

 

 

落馬と怪我によるスランプ

 

2020年

 

小倉競馬第5競争で、ランサムトラップに騎乗した藤田菜七子騎手は、向う正面で接触し落馬。

 

左鎖骨骨折という大怪我を負ってしまい、入院することに。

 

幸い、後遺症は残らずに済んだそうです。

 

2021年

 

翌年2021年10月17日に、藤田菜七子騎手は再び以前と同じ左鎖骨を骨折。   

 

この怪我で、約2カ月休養したことも影響し、この年は前年2020年の35勝に及ばず、14勝という勝ち数に収まっています。

 

2022年

 

そして2022年は1月29日の、小倉競馬第5競争ブルーゲートで勝利して以降、なかなか調子に恵まれないという苦しい状況が続きました。

 

しかし5月の新潟競馬第1競走で、およそ4カ月ぶりの白星を挙げ、少しずつ復調の気配があるみたいです!

 

この調子で、勝ちを積み重ねていってほしいですね。

 

まとめ

 

【競馬】藤田菜七子が″武者修行″!?アイドル騎手の壮絶な人生と快挙がヤバい!についてお伝えしてきました。

 

今回の″武者修行″で、競馬はもちろん、公私ともに支えてくれる味方ができたことが、藤田菜七子騎手の、今後の大活躍に繋がるといいですね!