今井絵理子の元夫SHOGOとの離婚理由とは?SHOGOの再婚相手やその後の活動は?

現在政治家として活躍中の元SPEED、今井絵理子さん。

ロックバンド、175Rのボーカリストであり、元夫でもあるSHOGOさんとは、どんな理由で離婚にいたってしまったのか?そして、元夫であるSHOGOさんの現在はどうなっているのか?を調査してみました!



今井絵理子さんと元夫SHOGOさんとの離婚理由は価値観の相違?

お二人の離婚の理由は、「意見のすれ違い」だとされています。SHOGOさんは結婚後に、今井さんに家庭に入ってほしかったらしく、一方で今井さんは早々に芸能界に復帰したかったのだとか。

今井さんと元夫のSHOGOさんは2004年5月に結婚。今井さんは21歳、SHOGOさんは24歳の時でした。結婚発表当時の今井さんは既に妊娠5か月だったので、いわゆる「授かり婚」というやつですね。

しかしお二人の結婚生活は長くは続かず、2007年には7月には別居、同年9月には正式に離婚していることを発表しています。

当時のSHOGOさんは、猛烈なバッシングを受けていらっしゃったんですよね。

「離婚理由は、芸能活動を続けたい今井と、家に入ってほしいSHOGOの考えがぶつかり、すれ違いが生じたからとされていました。長男の親権は今井が持ち、シングルマザーとして活動を続けていたものですが、SHOGOに対しては『障がいを持つ息子を捨てた』と、当時はバッシングされました」(芸能ライター)

しかし、メディアでの報道とは裏腹に、現在でも今井さんとSHOGOさんの交流は音楽の楽曲提供などを通じて続いているようで、その関係は世間で思われているよりも良好なのかもしれませんね。

SHOGOさん本人も、当時のバッシングに対しては、こう反論しております。

SHOGOさんの女癖の悪さも一因?

今井さんとの離婚を発表した翌月には、小阪有花(改名前は小阪由佳)さんのマンションで一夜を過ごしたところをスクープされています。小阪さんとSHOGOさんはお互いにマンションの合鍵を渡しあっていたとされ、SHOGOさんのマンションの鍵は小坂さんの誕生日である6月にプレゼントされたとも報道されていました。

これによって、離婚前から不倫していたのでは?という疑惑もかけられていたんですね。
他にも、下記報道にあるように明石家さんまの娘、IMALUとの熱愛報道も。

女性関係には少し脇が甘いところがあるのかもしれませんね。

離婚後のSHOGOの挙動を見ていると、新たな事実が浮かび上がります。どうやら、彼はかなりの女好きらしいのです。絵理子と別居後はグラビアアイドル・小阪由佳との浮気が発覚。それぞれが自宅の合いカギ持つほどの親密交際だと報じられました。
離婚してから1年後には、明石家さんまと大竹しのぶの娘・IMALUとも恋人関係に。常々タレントとの交際を反対している父・さんまの見えざる圧をかいくぐり、2年ほど付き合っていたというのだから大したものです。

SHOGOさんはその後、石井あみさんと再婚

その後SHOGOさんは、2014年にタレントの石井あみさんと再婚。お二人は10年以上前からお知り合いだったようで、2013年にIZAM主催の舞台「パライソの海 -小さな花の夜露に映る月-」で共演したことをきっかけに恋仲になったようです。

彼女とは長い間友人だった事もあり、息子や元奥さんとの良き関係性も理解してくれる本当に素敵で明るい女性です。
つくづく縁って不思議だなぁ~と思っております。

2016年には長女、2018年には次女を授かり、現在は家族仲睦まじく生活されているようです。

現在は海外も含めた多拠点間生活

現在のSHOGOさんは地元である北九州、東京、セブ島(フィリピン)を行き来する多拠点生活をおくっているようです。音楽活動の傍ら、フィリピンではお土産屋さんもオープン。


現在は、コロナ禍もあり、移動の制限もある中、大変な思いもされていることもあるかとおもいますが、音楽家としてもビジネスマンとしても、是非これからも頑張ってほしいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
本記事では、「今井絵理子の元夫SHOGOとの離婚理由とは?SHOGOさん再婚相手やその後の活動は?」と題して、下記のことをとりまとめしております。

・今井絵理子さんと元夫SHOGOさんの離婚理由は価値観の相違
・SHOGOさんの女癖の悪さも一因!?
・SHOGOさんは石井あみさんと再婚
・海外を含めた多拠点間で活動中!

今回は以上となります!