熱中症対策におすすめのスーパーフードは?

梅雨が明けた途端に、蒸し暑い日が続いていますね!

外はもちろん、家の中も強い日差しが降り注ぎ、たくさんの汗が吹き出します。

体調を崩さず夏を乗り切るためにはどんな栄養素が必要なのでしょうか?

それを補うスーパーフードはどんなのもがあるのか調べてみました!



熱中症が起こる原因とは?

『バランスの取れた食事をとりましょう』『水分はこまめに』

熱中症は体温調節がうまくできないことで引き起こされます。
その体温調節の役目を果たすのが血液とされています。
血液は酸素や栄養を運ぶほかに、体内で発生した熱を皮膚表面近くまで運んで外に逃がす体温の調整機能の役割を果たしています。

汗をかいて体から水分が失われると、血液量が減って脳、筋肉、皮膚などに十分な血液が行き渡らず、体温の調整がうまくできなくなって熱中症になってしまうのです。

その症状として、めまい、失神、頭痛、吐き気、強い眠気、気分が悪くなる、体温の異常な上昇、異常な発汗または汗が出にくくなります。

必要な栄養素

熱中症対策

タンパク質

筋肉や臓器など、体内のホルモンや酵素、血液成分、免疫物質などを作り、栄養素の運搬をします。

ナトリウム

汗と一緒に体から排出されます。水分と一緒に補給をし、体内の塩分濃度を保つ必要があります。

カリウム

汗をかくとナトリウムと同時に排出されます。 カリウムは筋肉の収縮を助ける働きがあるので熱中症になった時に回復力を高める効果があります。
※ナトリウム、カリウムを摂取せずに水分補給をし続けると、体内の塩分濃度を保つために摂取した分だけ体外へ水分が排出されます。これより、脱水症状を引き起こす可能性があるのです。

ビタミンC

体の中のコラーゲン作りをサポートしています。コラーゲンは筋肉・血管・骨・皮膚など体の組織を正常値にし、ビタミンCをとることで免疫力を高める効果が期待されます。

ビタミンB1

糖質をエネルギーに変えるためになくてはならない栄養素です。
水に溶けやすい物質であり、多量の汗と共に体外に排出されます。水に溶けやすいという性質から、必要時に備えて体内に蓄えておくことができず、急激にビタミンB1が失われることにより脳の働きが悪くなり、神経機能が正常に保てなくなることがあります。

水分が不足すると、血流悪化・自律神経の乱れ・筋力低下がおこり、疲労感へとつながります。

栄養素を届けるためには、血液の量が大事

上記の栄養素を摂取し、それを細胞へ届けるには血液が必要不可欠です。血液の流れを良くするために、体外へ排出された水分をしっかり補給しましょう!

おすすめスーパーフード

①モリンガ

熱中症対策
モリンガとはワサビノキ科の植物で、別名「ミラクルツリー(奇跡の木)」「薬箱の木」「生命の木」などと呼ばれており、さまざまな栄養素が豊富に含まれています。
その数はなんと90種類以上!汗と一緒に排出されてしまうビタミンやミネラルに加え、アミノ酸などがバランスよく含まれ、特にポリフェノールやGABA(ギャバ)が豊富です。
インドでは、5千年もの昔から伝統医学のアーユルヴェーダで利用され、メディカルハーブとして食されたり、オイルマッサージに使われてきた歴史があります。飢餓に苦しむ地域ではモリンガの葉の粉末を加えたミルクを乳幼児に与えていることから『緑のミルク』と呼ばれており、WHOも推奨しているスーパーフードです。
市場では、日常で取り入れやすいようにサプリやお茶の粉末として出回っています。

②黒糖

熱中症対策

黒糖はこまめに摂取したいミネラル、カリウム、ナトリウム、ビタミンが豊富に含まれています。
水分と同時に摂取することを推奨されているカリウムとナトリウムですが、糖も同時に摂取すると吸収力がアップする効果が期待されています。水分補給に黒糖をプラスすることで、体に必要な栄養素を取り入れることが出来るのです。
市場では塩分をプラスした「塩黒糖」「黒糖ピーナッツ」も出回っているので、おやつに食べるのも良いですね!

これだけは注意して!

ミネラル、カリウムが多く含まれている黒糖は、消化器官が未発達なお子様(1歳未満)への摂取は厳禁です!
消化不良を起こし体調を崩してしまう場合があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介したものはオンラインショップで手軽に入手でき、外出先でも摂取しやすい商品として流通しています。熱中症対策としてぜひお試ししてみてください!最後までお読みいただきありがとうございました。