六本木クラス グンス役 鈴鹿央士の本名は?名前の由来は広瀬すずとの関係は?

2020年に配信されてから、2022年現在もNetflix 人気視聴ランキングTOP10に入る人気ドラマ「梨泰院クラス(イテウォンクラス)」が、日本版としてリメイクドラマ『六本木クラス』が7月7日から放送開始予定!

韓国版ドラマの中で 視聴していた人々が何気に応援していたであろうキャラクター グンス。
主人公 パク・セロイ(俳優 パク・ソジュン)と因縁がある業界最大手の長家グループの会長の次男 チャン・グンス。

日本版『六本木クラス』では、鈴鹿央士さんに決定。

梨泰院クラスで演じていたキム・ドンヒも かわいい系の顔をしていたので、鈴鹿央士さんがグンス役と決定しても違和感がないくらい かわいい系のメンズノンノモデルで俳優の鈴鹿央士さん。

今回は 鈴鹿央士さんについて 調べてみました!



六本木クラス グンス役 鈴鹿央士の読み方は?本名?

 

 

グンス役、日本版 では長屋龍二役の鈴鹿央士さんの名前の読み方は

すずか おうじ と読みます。

2018年メンズノンノ オーディションでフランプリを受賞した時から すでに「鈴鹿央士」と名乗っていたので、本名なのかと思いましたが、すでにオーディションの時には 事務所に所属していて、芸名ということでした。

本名を調査してみましたが、鈴鹿央士さんは  本名は非公開でした。

 

鈴鹿央士の名前の由来は広瀬すず?!

 

鈴鹿央士さんは、高校2年生のときに 映画のエキストラで行ったロケ先で広瀬すずがスカウトしたことから この名前にしたようです。

広瀬すずの本名  大石鈴華(おおいし すずか)から貰って、鈴鹿 央士 という名前の由来だと番組の中で答えていました。

 

 

 

鈴鹿央士  岡山出身!卒アルは?

鈴鹿央士さんは岡山県出身で、映画のロケ先になった高校ということから  出身校が判明。

「先生すきになってもいいですか?」の撮影は、複数の高校でロケをしたようです。

・岡山学芸館高等学校

・岡山県立西大寺高等学校

この2つの高校は、ほぼほぼ お隣にある高校で どちらの高校出身か 話題になりましたが、鈴鹿央士さんが以前  県立高校に通っていた とテレビ番組のインタビューで答えたことから 岡山県立西大寺高等学校が出身校だと濃厚になりました。

これだけの「かわいい」顔立ちをしているので、高校時代も 変わらず かわいいだろうと、卒アルがないか探してみましたが 残念ながら、卒業アルバムは公開されていませんでした。

ですが、本人も語っているように 幼少期から顔が変わっていないというお話だったので、容易にかわいい学生時代が想像できてしまいますね!

 

まとめ

梨泰院クラスが日本版にリメイクされて『六本木クラス』として7月7日(木)からテレビ朝日で21時~放送開始。

梨泰院クラス グンス役=六本木クラス   長屋龍二(ながや りゅうじ)役として出演する 鈴鹿央士さんについて調査。

調べれば、調べるほど 童顔でかわいい顔立ちだけでなく、モデルだけでなく役者としても すでに評価の高い俳優さんだという事がわかりました。

人気ドラマ 「梨泰院クラス」のリメイクをすると発表された時、正直 やめてくれ・・・と思いましたが  ドラマのキャストが発表されていくうちに  2022年夏ドラマの中で注目したいドラマになりました。

本家ドラマのように 途中 闇落ちしていくグンス。長家龍二として どんな闇落ちしていくのかも注目ですね。