どんなジーンズが細身えする?オシャレに決まる神デニムコーデは?

 

1873年5月20日、リーバイスがジーンズの元祖となるリベット(鋲)付きパンツの特許を取得した日。そう、ジーンズの誕生日です。

実はジーンズは、アメリカのゴールドラッシュ(金鉱山)で働く人たちの作業着でしたが、現在は日常使いできるオシャレアイテムとして、どんな色の洋服にも合わせやすく、汚れても気軽に洗濯ができて、老若男女問わない国民的に愛されているファッションです。

毎年“最もジーンズが似合う有名人”を決定する「ベストジーニスト」では、男性では木村拓哉さんや草彅剛さん亀梨和也さんなどが殿堂入りされていて、女性では浜崎あゆみさん、倖田來未さん、ローラさん、菜々緒さんです。

その時代の唯一無二として大活躍された人たちも、ジーンズというファッションアイコンを取り入れられてきました。流行にされないジーンズは今も昔も不動の人気です。

そんな人気のジーンズですが、世間ではこういう声があります。

https://twitter.com/pipi37458/status/1526540806068518912?s=20&t=5JUo17wU77TrDWqp0zBzjQ

 

 

 

ベストジーニストで有名人が毎年カッコよく履きこなすジーンズ。実はぽっちゃりさんや短足の人はオシャレにかっこよく履けないとの声が。

ジーンズは体型に左右される履き物なのでしょうか?

また、加齢に伴う体型の変化や妊娠出産によって同じ体重でも体型は大きく変化します。

たくさんの人が履かなかったら、国民的に愛されているとは疑わしくなりますよね。

今回はぽっちゃりさんにオススメしたいデニムをまとめてみました!

 



かっこよくはけるデニムの形は?

デニムの形は色々あります。

裾が広がらず、細くもならないまっすぐなシルエットのストレート。

ウエストから太もも足首まで身体にフィットするタイトなスキニー。

ウエストからひざ上は太ももに沿った太さで、ひざ下から裾にかけて徐々に広がっていくフレアー。

 

ぽっちゃりさんがストレートをはくと、自分の足の太い部分が基準になり太く見えてしまいます。

また、スキニーは自分の足の太さが余計に目立って見え、フレアーは太ももの太さが目立ちやすくなり、全体的に垢抜けないイメージになってしまいます。

ぽっちゃりさんにおすすめのデニムの形は「バギー」です。

画像なし

UNIQLO  オンラインページより

バギーパンツは、全体のシルエットがストレートより幅広で裾に向かってほぼストレートの形をしています。

履いている人の足の形を拾わないので、意外と細く見えます。

細く見えるデニムの股上の深さは?

ジーンズを含め、パンツには股上(ファスナーの付け根からウエストにかけての長さ)の長さによって呼び方が変わります。

ちなみにハイウエストはスカートにも使える言葉に対し、ハイライズはパンツのみに使える言葉です。

ハイライズ

(股上の長さが25cm以上)

ミッドライズ

(股上の長さが23cm〜25cmの間)

ローライズ

(股上の長さが23cm以下)

20年以上前にローライズのジーンズが、腰回りがスッキリするので一回り着痩せ効果があり、ヒップも小さく見えるという理由で大流行しました。

浜崎あゆみさんがベストジーニストでローライズのジーンズをはいていました。

またこの時流行したジーンズは、スーパーストレッチが効いているため、通常のサイズよりフィットするサイズをチョイスして履いていました。

ただしこれは20代〜30代の人たちや、普段体を鍛えていてお腹が出ていない人たち向けです。お腹が出ている人がローライズジーンズを履けば、ウエスト部の上に贅肉が乗って、余計に太って見えてしまいます。

もしあなたがお腹の贅肉で悩んでいるならば、おすすめの股上は「ハイライズ」です!

ハイライズジーンズは下腹をすっぽり納めることができ、インナーが見えにくく、またお腹の冷え防止にも一役買ってくれます。

一番のメリットは股上が長いため必然的にウエストの位置が高くなり、「足が長く」見えることです。

ハイウエストジーンズ, モスクワ, 買う, 服, 広告, モデル, ファッション

バギーデニムは元々ゆったりしたシルエットの太さのため、ハイライズを選ぶことはマストです。

同じ長さの木があるとして、太いものは短く、細いものは長く見える錯覚の作用があるからです。ファッションでも錯覚を取り入れると、着痩せや細身えが実現します。

合わせるトップスは?

最近の傾向は男女ともにオーバーサイズのファッションがトレンドになっています。

そのトレンドの延長線上で、バギーデニムが今年顔のジーンズになっています。

流行っているからと言ってダボっとしたバギーパンツに、ゆったりしたTシャツまたはお尻まで隠れるチュニックを・・・もし着痩せしてオシャレにコーデしたいなら、その合わせ方はちょっと待ってください!!

20年前のベストジーニストの浜崎あゆみさんは、タイトなトップスにタイトなローライズデニムを履いていました。

20年前は上下ともにピタピタで良かったのですが、令和の現在はトップスがゆったりならボトムはタイトに、逆にボトムがゆったりならトップスはタイトにするとバランスが取れた令和のオシャレさんになります。

よって、ハイライズのバギーパンツをはくならば、タイトなトップスのショート丈を選びましょう。

タイトすぎるトップスは体の肉感を拾うから苦手な方は、気持ち肉感を拾わない程度のコンパクトなトップスを選びましょう。着痩せ効果と脚長効果を同時に発揮することができます。

https://twitter.com/Levis_Japan/status/1354978164821291012?s=20&t=xZ8g68buwfWgX5EQB7u7Zg

まとめ

ぽっちゃりさんにオススメしたい2022年のジーンズの特徴やトップスの選び方をご紹介させていただきました。

「バギーパンツ」

「ハイライズ」(ハイウエスト)

「ショート丈で気持ちタイトなトップス」

この特徴があるコーデをするだけで、錯覚したように着痩せ効果と脚長効果を発揮することができます。さらに脚長効果を発揮したい場合は、トレンドである厚底のハイテクスニーカーを合わせてみるといいでしょう。

この世に似合わないものは存在しないです。

たくさんのファッションをオシャレに楽しみましょう。