山口県阿武町の給付金4630万円受け取ったのは誰で年齢や職業を特定?返金拒否で回収不能?

 

山口県阿武町の給付金4630万円受け取ったのは誰で年齢や職業を特定?返金拒否で回収不能?というタイトルでお伝えしたいと思います。

山口県阿武町でおこった給付金の誤振込騒動。

 

阿武町役場では、誤振込してしまった給付金4630万円を受け取った人物に返金を求めていますが、拒否されるといった事態に発展しています。

どうして、このようなミスが発生してしまったのでしょうか。

また、給付金46830万円受け取ったのは誰なのか気になりますね。

 

給付金46830万円受け取った人物の4630万円の年齢や職業は特定されているのか調べてみました。

また返金拒否の理由がエグいといわれていますね。

山口県阿武町の給付金4630万円は、回収不能なのでしょうか。

 

山口県阿武町の給付金4630万円誤振込騒動についてお伝えしたいと思います。

 



山口県阿武町の給付金4630万円受け取ったのは誰で年齢や職業を特定?

山口県阿武町の給付金4630万円受け取ったのは誰で年齢や職業を特定?ということが話題になっていますね。

2022年4月、山口県阿武町で、世帯ごとに送金する給付金を誤って1世帯に全金額を誤振込してしまうという騒動がおこりました。

新型コロナの影響により低所得者向けに、給付金10万円が支給されることになりました。

 

阿武町は463世帯が該当し、給付金の合計は4630万円になります。

ところが、1世帯の口座に、誤って463世帯分の給付金4630万円を二重に振り込んでしまったのです。

受け取った人物は、正規にもらえる10万円ものほかに、口座に4640万円分が振り込まれたことになります。

 

給付金46830万円受け取った人物は誰なのでしょうか。

4月末時点では、受けっとったとされる人物が誰か氏名などは公表されていませんでした。

そのため、年齢や職業まで特定することはできませんでした。

ところが、5月12日に役場から公表されたのです!!!

名前は、田口翔(たぐちしょう)さん。

 

ただ、阿武町の職員が返金のお願いに自宅を訪問しているようなので、地元では人物は誰か特定できているのではないかと思います。

そもそも阿武町は、人口や世帯数が少ないので住民同士の間でも誰なのか特定されそうですね。→ 特定されました!!

 

返金拒否で回収不能?

返金拒否で回収不能?ということが注目されていますね。

誤振込で入金された4630万円は、公金になります。

 

給付金4630万円を受け取った人物は、役場から返金を求められたが、4月末時点では返金に応じていませんでした。

返金拒否の理由としては、「金は別口座に動かし、元に戻せない」というものでした。

 

しかし、罪は償うという態度を見せているようです。

人物の返金に応じない態度には驚きですが、このまま返金拒否することはできるのでしょうか。

阿武町役場は、4630万円を回収することは不可能なのか気になりますよね。

 

誤振込されたお金は法律的には、不当利得返還請求というものができます。

誤振込を受け取った人物は、返さないといけない義務になります。

 

しかし、相手にまったくお金がないとしたら、回収することはできないそうです。

つまり、阿武町役場は泣き寝入りとなってしまいます。

 

また、強制的にお金を回収する手段としては、法的に人物の収入を抑えることもできるようです。

しかし、無職で収入がなかったり、仕事を辞めていたら収入を強制的に抑えることはできません。

さらに、人物が破産宣告などを申請したら、さらにお金の回収は不可能になるようです。

 

人物に大きな借金などはなかったことはわかっています。

また、最近大きな買い物をした形跡もないそうです。

そうなると、4630万円もの大金をどうのように使ってしまったのかも謎ですよね。

 

ほかに協力者などがいたのかも気になるところですね。

 

【ネット上の声】

ここでは山口県阿武町の46830万円受け取ったのは誰で年齢や職業を特定?返金拒否で回収不能?についてのネットの声を見てみましょう。

まとめ

山口県阿武町の46830万円受け取ったのは誰で年齢や職業を特定?返金拒否で回収不能?についてまとめてみました。

46830万円受け取った人物は、このまま返金拒否でバックレることができるのでしょうか。

また、今後の阿武町役場の対応も注目されますね。

 

追加の情報があれば、随時更新していきます。