渡辺裕之に遺書はあった?奇行は認知症?妄想でメンタル崩壊していた?

渡辺裕之に遺書はあった?奇行は認知症?妄想でメンタル崩壊していた?というタイトルでお伝えしたいと思います。

俳優の渡辺裕之さんがお亡くなりになりました。

突然のことで、遺書などはあったのでしょうか。

また、最近の渡辺裕之さんの様子では奇行を見せることもあったようです。

認知症などの症状はあったのか気になりますね。

また、妄想などによるメンタル崩壊などもあったのでしょうか。

渡辺裕之さんのここ最近の様子について調査してみました。

 



渡辺裕之に遺書はあった?

渡辺裕之に遺書はあった?ということが注目されていますね。

俳優の渡辺裕之(わたなべ ひろゆき)さんといえば、リポビタンDのCMが有名でした。

たくましく元気ハツラツとした印象が強いだけに、突然、お亡くなりになったことに衝撃を受けた方が多かったようです。

5月3日昼頃のことでした。

渡辺裕之さんの自宅の地下には、体を鍛えるためのトレーニングルームがありました。

ひものようなもので首を吊っていたそうです。

66歳の若さでした。

自らお亡くなりになったようですが、遺書などは残されていたのでしょうか。

5月5日に亡くなったことが発表された時点では、遺書の存在については明かされていませんでした。

今のところ、遺書があったのかどうかはわかっていません。

遺書など残す間もなく、突発的な出来事だったことも考えられますね。

 

奇行は認知症?

奇行は認知症?ということが注目されているようです。

渡辺裕之さんが亡くなったことついては、とても信じられないといった声も多い中で、周囲からは意外な証言もあったようです。

撮影現場で、自身の持ち物などが『物がなくなった』などと、奇妙なことを言い出したこともあったそうです。

周囲からは、奇行のように見えたこともあったそうです。

しかし、このような奇行は認知症なのではともいわれているようです。

しかし、認知症ということはないでしょう。

まず、認知症のような症状があったら仕事は受けなかったと思います。

渡辺裕之さんは、コロナ禍になってから環境の変化になじめないこともあり、塞ぎ込むこともあったといわれています。

そして、渡辺裕之さんは、俳優のほかに多才でジャズドラマーとしても活動をされていました。

2022年3月には、逗子市でおこなわれたジャズライブに参加をしていていました。

これまでにも何度か出演をしていたライブでしたが、コロナ禍のため3年ぶりの開催でした。

渡辺裕之さんは、本番を前にして体が震えている姿がスタッフに目撃されていました。

また、本番前には自身がないなどと語っていたようです。

これまでこのようなことはなく、周囲も様子に驚いていたそうです。

今思えば、渡辺裕之さんにとっても久しぶりのステージだったので、極度の緊張をしていたのでしょうか。

また、これまでにもメンタル的に不安定になっていた時期はあったようです。

2017年にこれまでのレギュラー番組が終了した時などは、不安を口にすることもあったそうです。

亡くなる1ヵ月前には、周囲に不安であることを明かすこともあったそうなのです。

でも、4月からレギュラー番組がはじまり、秋スタートのドラマ出演が決まっていました。

一見、仕事は順調そうでしたが、かえってプレッシャーや不安があったのかもしれません。

 

妄想でメンタル崩壊していた?

妄想でメンタル崩壊していた?ということが話題になっていますね。

奇行があった様子から妄想でメンタル崩壊していたというウワサもあったようですが、どうだったのでしょうか。

渡辺裕之さんは妄想というよりは、しばらく夜よく眠れないといった症状があったようです。

寝ても何度も目が覚めてしまうことがあったそうです。

そうなると誰でも体もメンタルも疲れてしまいます。

おそらく何か大きな悩みや不安を抱えていたのかもしれません。

妄想でメンタル崩壊というよりは、なかなか眠れないことが続き疲れていたのかもしれません。

渡辺裕之さんは、どうしても強くタフなイメージがありました。

しかし、本当は繊細な方だったともいわれています。

自身も俳優としてのイメージを壊さないように努めるあまり、無理を重ねていたのかもしれませんね。

【ネット上の声】

 

 

まとめ

渡辺裕之に遺書はあった?奇行は認知症?妄想でメンタル崩壊していた?についてまとめてみました。

渡辺裕之さんは、ファンだけではなく、多くの芸能人からも慕われていたことがわかりました。

あまりにも残念でなりません。

ご冥福をお祈りいたします。