田口翔は4630万円をネットカジノ溶かしたはウソ!マネロンで移動が真実?現在の居場所が判明?

 

田口翔は4630万円をネットカジノ溶かしたはウソ!マネロンで移動が真実?現在の居場所が判明?というタイトルでお伝えしたいと思います。

日本中が注目している山口県阿武町で発生した給付金4630万円の誤送金騒動。

阿武町役場は、4630万円を受け取ったとされる人物の名前や住所を公表しました。

人物は、田口翔さんという方のようです。

田口翔さんは、4630万円を返金することはできないそうです。

というのも、4630万円はすでにネットカジノで溶かしたということでした。

しかし、4630万円もの大金をネットカジノ溶かしたはウソで、マネロンでお金をどこかに移動させたのが真実なのではないかともいわれているようです。

また、田口翔さんは4639万円を持ち逃げして行方不明といわれていますが、現在の居場所はどこなのかも調査してみました。



田口翔は4630万円をネットカジノ溶かしたはウソ!

田口翔は4630万円をネットカジノ溶かしたはウソ!ということが注目されていますね。

山口県阿武町で、4月8日、1世帯あたり10万円が振り込むはずのコロナ関係の給付金を、誤って1世帯に全額振り込んでしまいました。

金額にして4630万円が1つの口座に振り込まれてしまったことになります。

阿武町役場は、受け取ったとされる人物に返金を求めていましたが、拒否をされていました。

そのため、人物の名前や住所を公表し、提訴することになりました。

4630万円を受け取った人物は、田口翔さん24歳になります。

田口翔さんによると、すでにお金は全額使ってしまい、返金することはできないというものでした。

使い道はというと、ネットカジノで4630万円すべて溶かしてしまったらしいのです。

これには、阿武町役場どころか日本中の人たちもビックリですよね。

でも、ネットカジノで溶かしたというのはウソかもしれませんよね。

こっそり、どこかに隠している可能性もあるかもしれません。

 

マネロンで移動が真実?

マネロンで移動が真実?ということが注目されていますね。

4630万円もの大金を1人で、2週間ほどでネットカジノ溶かしたことが可能なのかも疑問ですよね。

真実は、マネロンなどをしてお金を移動させていた可能性はあるかもしれませんね。

マネロンの可能性については、警察が任意で田口翔さんに2度事情聴取をしているそうなのです。

そして、田口翔さんは警察にスマホを没収されていました。

警察もスマホの履歴などを調べ、ネットカジノやマネロンなどのお金の移動ついて調べているようです。

ホントにマネロンなどをしていたら、ウソがわかるのも時間の問題でしょう。

詳しいことがわかり次第追記していきたいと思います。

 

現在の居場所が判明?

現在の居場所が判明?ということが話題になっていますね。

田口翔さんは、4630万円の誤送金騒動が発覚してから、連絡が取れずに居場所もわからなくなっていました。

自宅にもいなく、大金を持ち逃げして行方不明らしいといわれていました。

現在の居場所はどこなのでしょうか。

田口翔さんは、現在の居場所は山口県内にいることが判明しました。

スマホを警察に没収されたため、関係者が連絡を取れない状態だったので居場所がわからなかったようです。

しかし、阿武町役場は、給付金の4630円のほか弁護士費用などを合わせた5100万円余りの支払いを田口翔さんに求めて提訴をしています。

返金額は、ネットカジノで溶かしてしまったという4630万円のほかにさらに500万円ほど増額されたことになります。

しかし、田口翔さんは全額ネットカジノで溶かしたということなので、裁判をおこされても全額を返金することは難しい状況です。

今後はどのような展開になるのか動向に注目していきたいと思います。

【ネット上の声】

 

 

 

まとめ

田口翔は4630万円をネットカジノ溶かしたはウソ!マネロンで移動が真実?についてまとめてみました。

4630万円もの大金をネットカジノで溶かしたということが驚きでした。

今後は、返金していくことになるのか、またはこのまま逃げ切れるのか注目していきたいと思います。