井上公造の引退理由は社長の妻が原因?恐妻家で自律神経失調症になった?子供や孫と驚きの年収!

 

井上公造の引退理由は社長の妻が原因?恐妻家で自律神経失調症になった?子供や孫と驚きの年収!

というタイトルでお伝えしたいと思います。

長きに渡り芸能リポーターとして活躍してきた井上公造(いのうえこうぞう)さん。

芸能人の私生活には詳しいのですが、自身の私生活についてはあまり知られていないようです。

芸能レポーター引退の理由は、社長の妻が原因なのでしょうか。

井上公造さんは恐妻家で自律神経失調症になったらしいともいわれているようですね。

そこで井上公造さんの妻や子供、孫など家族について調べてみました。

そして、驚きの年収についてもお伝えしたいと思います。

 



井上公造の引退理由は社長の妻が原因?

井上公造の引退理由は社長の妻が原因?ということに注目してみたいと思います。

2022年3月で芸能レポーターを引退しました。

そんな井上公造さんが引退した理由は、妻が原因ではないかともいわれているようですね。

では、妻はどんな人物なのでしょうか。

実は井上公造さんには離婚歴があるようです。

最初に結婚した妻についての情報はみつかりませんでした。

いつ頃結婚、離婚をしたのかはわかっていません。

そして、現在の妻といつ再婚をしたのかもわかっていません。

現在の妻は、井上志保さんという方になります。

妻の年齢や顔画像については公表されていませんでした。

妻の経歴については、鹿児島県の出身で青山学院大学文学部卒業しました。

大学卒業後は、日刊スポーツ新聞の文化社会部の記者だったそうです。

二人の馴れ初めについてはわかっていません。

でも、井上公造さんも、もともとは新聞記者だったので、仕事などで接点があったのかもしれませんね。

そして、現在妻は「株式会社KOZOクリエイターズ」という会社の社長になります。

「株式会社KOZOクリエイターズ」は、井上公造さんや芸能リポーターが所属している会社になります。

妻は、会社経営を一手に仕切っているやり手の社長のようです。

また、性格は豪腕なところがあるようで、井上公造さんは、妻にまったく頭が上がらないらしいのです。

このようなことから、自身の離婚危機が心配された時期もあったようですね。

でも、とにかく社長の妻は長い間、公私ともに井上公造さんの活動をサポートされてきました。

ですから、井上公造さんの芸能レポーター引退の理由は社長の妻が原因ということではないはずですよね。

 

井上公造プロフィール

生年月日:1956年12月30生まれ

出身地:福岡県

身長:176cm

体重:78kg

 

恐妻家で自律神経失調症になった?

恐妻家で自律神経失調症になった?ということが注目されていますね。

井上公造さんは、引退をすることにしたのは体調の面が大きかったようですね。

7年ほど前から自律神経のバランスを崩していたことを明かしました。

本番中にめまいに襲われたり、膝から下が寒くなったりすることが多くなったそうです。

さらには、本番中に倒れたり、ろれつが回らなくなったりと危ない状況になったこともあったのです。

このように自律神経失調症の症状が出ていたようですね。

意外にも井上公造さんは恐妻家だったことがわかりました。

しかし、恐妻家で自律神経失調症になったわけではありません。

芸能レポーターというハードな仕事のため、長年不規則な生活をされていました。

体に無理を重ねていたのではないかと思われます。

これからはゆっくり休んでほしいですね。

 

子供や孫と驚きの年収!

子供や孫と驚きの年収!が気になりますね。

バツイチらしい井上公造さんですが、前の妻との間には子供がいたといわれています。

現在の妻との間に子供がいたのかどうかはわかっていません。

また、井上公造さんくらいの年齢だと孫がいてもおかしくはないですよね。

実はもうおじいちゃんなのかどうかもわかっていませんでした。

今後、引退したので私生活など教えてくれるかもしれませんね。

そして、井上公造さんのこれまでの年収が気になりますよね。

芸能リポーターは、24時間体制で芸能人を追いかけている仕事といえます。

さらに、井上公造さんほどのベテランリポーターとなると、芸能人とも交流が深いですよね。

そんな芸能レポーターの年収とはいったいどのくらいなのか気になりますよね。

井上公造さんはもともと新聞記者でした。

若い頃から転職を繰り返していて、新聞記者から芸能リポーターになったのは29歳か30歳くらいの時だったそうです。

きっかけは、当時芸能リポーター有名な梨元勝さんにスカウトされそうです。

梨本勝さんと飲みに行ったときに給料が安いと愚痴ったら、給料を倍出すから来いと言われ、すぐに転職を決意したそうですね。

当時、新聞記者の年収は450万円くらいでした。

いきなり倍となると、驚きの年収900万円になります。

これだったら思わず転職してしまいますよね。

でも、梨本勝さんはきっと倍の給料を出しても、井上公造さんの芸能レポーターとしての素質を見抜いていたのではないかと思います。

さらに井上公造さんが全盛期時は、なんとレギュラー11本、準レギュラー4本の番組を持っていました。

ちょっとした芸能人より番組を持っていますよね。

さらに取材に飛び回るハードな生活をされていました。

このような生活ぶりから、関西の番組「たかじんONEMAN」内で、やしきたかじんが、年収は、「ざっと計算して8300万円!」と明かしていたことがありました。

年収8000万円以上とは芸能人も顔負け年収ですよね。

この年収は全盛期時としても、長年ずっとレギュラー番組を持っていたので数千万単位の年収はあったのではないかと思います。

やっぱり、芸能レポーターの井上公造さんはスゴイですね!

 

【ネット上の声】

 

 

まとめ

井上公造の引退理由は社長の妻が原因?恐妻家で自律神経失調症になった?子供や孫と驚きの年収!についてまとめてみました。

これまで芸能レポーターを通して芸能界、政財界、スポーツ界と多くの人脈を築いてきました。

これからは、人と人とをつなぐコネクターのようなことをしたいと考えているそうです。

井上公造さんの人柄に合っていますよね。

これからもまだまだ活躍されそうですね。