中学生美術品破損は黒崎中学校!生徒は誰で作品や画像は?越後妻有里山現在美術館賠償請求がヤバい!

 

中学生美術品破損は黒崎中学校!生徒は誰で作品や画像は?越後妻有里山現在美術館賠償請求がヤバい!というタイトルでお伝えしたいと思います

新潟県の越後妻有里山現在美術館MonETにある美術品破壊されるという大変ショックな報道がありました。

故意に美術品破損を破損させたのは、修学旅行で越後妻有里山現在美術館MonETを訪れていたのは黒崎中学校の生徒でした。

生徒の誰が美術品破損させたのか特定をされたのでしょうか。

また、作品や画像についても調査してみました。

また、美術品破損された!越後妻有里山現在美術館MonETは、被害届を出し賠償請求をすることになるのかも気になりますね。

中学生美術品破損の騒動についてお伝えしたいと思います。

 

 



中学生美術品破損は黒崎中学校!

中学生美術品破損は黒崎中学校!ということが注目されていますね。

2022年4月21日、新潟県十日町にある越後妻有里山現在美術館MonETにある美術品が来場者によって破損されました。

そして、美術品破損させたのは、修学旅行で訪れていた中学生という大変残念な騒動でした。

越後妻有里山現在美術館MonETを訪れたのは、新潟市立の黒崎中学校だったことが判明しました。

黒崎中学校の3年生が修学旅行として同美術館を訪れていたそうです。

 

 

生徒は誰で作品や画像は?

生徒は誰で作品や画像は?ということに注目してみたいと思います。

美術品破損行為をおこなった中学生は誰で名前などは判明しているのか調べてみました。

現在、黒崎中学校の3年生としか判明はしていません。

生徒たちの誰なのか氏名などは公表されていないようです。

しかし、中学校名までわかっているので判明するのも時間の問題ではないかと思われますね。

美術品破損された作品は2点になります。

破損された作品は、「LOST#6」クワクボリョウタ作、カールステン・ニコライ「wellenwanne LEO」という作品になります。

wellenwanne LEO」は修復して公開されていますが、もう1点の「LOST#6」修復不可能となったようです。

破損された状態の作品の画像は公開されてはいませんでした。

当時、美術品は柵で囲われていましたが、数人の生徒が策を乗り越えて作品を破損させていたという悪質な行為でした。

作品には踏まれたり、部品が折り曲げられたりと悲惨な状態となっていたようです。

このため、越後妻有里山現在美術館MonETを運営するNPO法人「越後妻有里山協働機構」は、被害届を提出することになったようです。

 

 

越後妻有里山現在美術館賠償請求ヤバい!

越後妻有里山現在美術館賠償請求ヤバい!ということが話題になっていますね。

越後妻有里山現在美術館MonETがある十日町市は、新潟市教育委員会に対し損害賠償請求を検討しているというヤバい事態となっています。

美術品破損させた中学生および保護者が賠償責任を負う可能性があるかもしれません。

しかし、美術品に対して損害賠償の金額を設定することはなかなか難しいものがあります。

また、損害賠償をしたからといって作品を修復することもできません。

何より時間をかけて作品を作り上げたアーティストにとっては、とても悲しい騒動だったと思います。

また、芸術祭を楽しみにしていた観客にとっても残念すぎる騒動でした。

【ネット上の声】

 

 

 

まとめ

中学生美術品破損は黒崎中学校!生徒は誰で作品や画像は?越後妻有里山現在美術館賠償請求がヤバい!についてまとめてみました。

中学生のイタズラでは済まないくらいの騒動となっています。

今後の美術館の対応にも注目していきたいと思います。