トランスジェンダー格闘家・進一の経歴や生い立ちはハーフ?イケメン顔画像と本名がかわいすぎ!

 

トランスジェンダー格闘家・進一の経歴や生い立ちはハーフ?イケメン顔画像と本名がかわいすぎ!というタイトルでお伝えしたいと思います。

 

イケメン格闘家の進一さんに注目してみたいと思います。

トランジスターを公表している進一さんですが、どんな経歴だったのでしょうか。

また、きれいな顔立ちからハーフなのではともいわれていますね。

生い立ちについても調べてみました。

そして、イケメンな顔画像と意外なかわいすぎ本名についてもお伝えしたいと思います。

 

 



トランスジェンダー格闘家・進一の経歴や生い立ち!

トランスジェンダー格闘家・進一の経歴や生い立ち!ということに注目してみたいと思います。

モデルの坂口杏里さんの結婚相手として、一躍注目された進一さんでした。

しかし、経歴をみるとトランスジェンダー格闘家となっていました。

いったい、どんな人物なのでしょうか。

きれいな顔から、生い立ちはハーフなのではいわれているようです。

実際に父親が日本人で、母親がフィリピン人のハーフでした。

進一さんは、出身は東京都になります。

1990年生まれの31歳で性別は元女性になります。

生い立ちは、子供の頃から男と思って育ってきたそうです。

19歳の時からホルモン注射による治療をはじめました。

2015年12月に、25歳の時に性別適合手術を受けて男性となりました。

そして、当時おつき合いをしていた女性と結婚をしています。

2017年4月に挙式、披露宴をおこない夫婦として結婚生活を送っていました。

当時の進一さんの職業は鳶職でした。

その後、27歳で離婚をされバツイチとなりました。

そして、離婚を機に夜の世界に入ることにしました。

以前から水商売に興味があり、やってみたいと思っていたそうです。

28歳で歌舞伎町デビューを果たました。

歌舞伎町は進一さんに合っていたようで、現在はバーの店長をしています。

お店は、新宿の歌舞伎町にある「BARはいから」になります。

そんな進一さんが格闘家になった経緯は、知り合いのホストに誘われて格闘技を始めたことでした。

そして、ホストが参加する格闘技イベント「UTAGE〜宴〜」にも参加しました。

戦うのはもちろん男性同士になります。

進一さんは試合の前に相手側の「オナベ? 女の子が相手だったら余裕だわ」というコメントを知りました。

もともと負けず嫌いだった進一さんでした。

果然、闘志が湧いてきたそうです。

試合の結果は、3対0で圧勝でした!

カッコよすぎですね。

 

(トランスジェンダー格闘家・進一のプロフィール)

名前:福島 進一

生年月日:1990/08/14

出身地:東京都

身長:165cm

仕事:BAR店長

 

イケメン顔画像と本名がかわいすぎ!

イケメン顔画像と本名がかわいすぎ!ということが話題になっていますね!

進一さんのイケメン顔画像が注目されました。

でも、坂口杏里さんと結婚する前から歌舞伎町では、イケメンで有名だったのです。

そんな進一さんの以前の本名は、美沙子(みさこ)さんでした。

意外にもかわいすぎる本名でしたが、20歳の時に美沙子から進一に改名したそうです。

生き方だけではなく、格闘家としても新しい道を切り開いた進一さんでした。

これからも注目されそうですね。

【ネット上の声】

ここでは、トランスジェンダー格闘家・進一の経歴や生い立ちはハーフ?イケメン顔画像と本名がかわいすぎ!についてのネットの声を見てみましょう!

 

まとめ

トランスジェンダー格闘家・進一の経歴や生い立ちはハーフ?イケメン顔画像と本名がかわいすぎ!についてまとめてみました。

坂口杏里さんは、進一さんのような方にやっと出会えて本当によかったですね。

お二人で幸せになってほしいですね。