世界水泳で日本記録を叩き出し銀メダルの快挙!水沼尚輝の経歴は?彼女はいる?

ハンガリーで行われている世界水泳2022

男子100メートルバラフライ決勝にて、水沼尚輝選手が50秒94をマークし、この種目では日本勢初の銀メダルを獲得しました!

そんな水沼尚輝選手のプロフィールを調査してみました。

 



水沼尚輝の出身や身長体重や両親・家族構成など

水沼尚輝選手は1996年12月13日生まれの25歳(世界水泳2022時点)。

アスリートとして一番勢いのある時期で記録や成績が期待できる年頃ですね。

出身は栃木県真岡市で、クリーニング店を営むご両親の元に生まれました。

家族構成は3人兄弟の長男で、弟さんが2人いるようです。

ご両親は水沼尚輝選手のことを「川があったら入りたい、木があったら登りたい」という好奇心旺盛な子供だったと振り返ります。また、お風呂で溺れかけていてもニコニコしていた、というエピソードもあるようです。

6歳の頃には、栃木の実家の祖父が作った観賞用の池で鯉と泳ぐことが好きだったといいます。

その理由についてインタビューで水沼選手は、「泳がないわけないじゃないですか。水が好きな子供だったら入りたくなりませんか?」と質問されたこと自体不思議な様子だったよう。

家族に「前世は魚だったんじゃないか…」と言わしめるほど水の中が好きなようです。

そんなやんちゃな少年だった水沼選手ですが、現在は身長181cm体重82kg、足のサイズはなんと30cmと逞しく成長していますね。

足のサイズは、水泳4泳法全てでとても有利に働くと言われています。

特にバタフライでは、ドルフィンキックで進む泳法です。大きな足はそれこそフィン(ひれ)をつけているような感じで足が大きければ大きいほど水に当たる面積も大きくなるため、加速力に繋がります。

立派な足が水泳選手として大きなメリットをもたらしていることでしょう。

水沼尚輝はスイミングスクールに通っていた?高校、大学は?

鯉と泳ぐことが大好きだったことが理由なのかはわかりませんが、6歳の頃実家の近所にあったフィールドビックスイミングスクールに通い始め、水泳を始めました。こちらのスイミングスクールでは、日本水泳連盟の認定コーチが在籍しており選手育成クラスがあります。水沼尚輝選手はF-BIG選手クラス第11期(2015)卒業生出そうで、東京オリンピックの後には結果報告に訪れ、スクール後輩選手へ体験談を話したり指導をしたりもしているようです。

このスクールでは、無理のない体の動かし方や壊れない体づくりを目指しており、スイミングスクールでありながら体幹やインナーマッスルを鍛えるために30分の陸上トレーニングをいち早く取り入れているそう。

水沼選手は6歳から通い始め、高校卒業までずっと通い続けていました。

高校は地元栃木県の大規模校、作新学院高校に入学。野球やサッカー、ボクシングなどが強いようですが、水泳部はあまり有名ではないですね。ですが、水沼選手が入学したとき、2年先輩には荻野公介さんがおり、その年ロンドン五輪で銀メダルを獲得。目標とするも水沼選手はインターハイ決勝にも残れずあまり成績を残せない高校時代でした。高校3年生になってからコーチの勧めでバタフライに転向、その後は新潟福祉大学に進学し水泳を続けます。

フィールドビッグスイミングスクールの大畑コーチと、新潟福祉大学の山下監督は旧知の中だそうでその縁から山下監督に誘われ新潟福祉大学へと進学したようです。

高校では無名だった水沼選手の大学入学当初の目標はインカレ(日本学生選手権水泳大会)に出場することでしたが、大学入学後、山下監督のもとで徐々に頭角を表し始め日本代表へと近づいていきます。

大学卒業後も新潟福祉大学の職員となり、水泳を続けています。

東京オリンピックへの出場が決まった際、出身である山前小学校・中学校へ報告と講演に訪れた際、「同じ夢を貫き通す人もいれば、途中で夢が変わることもあると思います。皆さんもこれからたくさんの夢を見つけてください。」と子供たちに語りかけました。

中学の頃は背泳ぎが得意な泳法でしたが、高校時代は結果が出ずバタフライへ転向。大学入学時は消防士になることが夢と語っていましたが、バタフライで結果を残し世界水泳で銀メダルを獲得し、現在の夢は地方の地域とスポーツを掛け合わせた何かを創りたいという水沼さん。

現在の記録はさまざまな人たちとのつながりがあってこそ、という水沼さんの夢は広がるばかりですが、「失敗が最大の成功」と、いろんなことにチャレンジする大切さを子供たちに語ったそうですが、現在までの道のりを考えるととても説得力がありますね。

子供たちの心にも響いたことでしょう。

水沼尚輝の肉体美がすごい!彼女はいる?結婚は?

水泳選手といえば見事な逆三角形が印象的ですが、水沼選手も例もれず素晴らしい肉体美を披露しています。

引用元:真岡市ホームページより

https://twitter.com/nuhw_hs/status/1537987004117397504?s=20&t=dYm7Dfi5lhgIRa7HY5rriA

 

引用元:Yahoo!ニュース

水沼選手は、ご自身のインスタグラムでも肉体美を披露するとともに、筋トレや食事などについても公開しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

そんなワイルド系な水沼選手ですが、SNSや過去の写真・週刊誌情報などを確認しましたが、彼女や結婚といった女性関係の情報は一切出てきませんでした。

水沼選手は、華々しい結果を残しながらも新潟という地方で競技を続ける理由として、「地方だと水泳に集中できる」ということをインタビューで話していました。現在は競技に集中したいという思いから女性関係について考える余裕がないということかもしれません。

はたまた、既に精神的にも身体的にも支えてくれる彼女がいるかもしれません。

水沼尚輝まとめ

今回は世界水泳で銀メダルを獲得した水沼尚輝選手について調べてみました。

日本人初のバタフライという競技での銀メダル獲得という快挙までの道のりはとても印象的ですね。

気になるプライベートや女性関係については今後注目を浴びることでさらに深掘りされていくと思われます。

現在25歳の水沼選手、次回パリオリンピックではどんな活躍をしてくれるのか楽しみです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。