オールドルーキー原作は漫画?新町(綾野剛)のモデルは黒部光昭か中山雅史と言われる理由

2022年6月26日(日)より放送開始の夏ドラマ「オールド・ルーキー」が話題ですね!

その中でもこのドラマは実話なのか、新町にはモデルがいるのか?というところを気になっている人が多いようです。

この記事では

  • 新町(綾野剛)のモデルの人物は誰か
  • オールド・ルーキーは実話なのか
  • 原作の漫画は存在するか

について詳しく解説していきます!

オールドルーキー|田中樹か横浜流星がゲスト出演?初回1話撮影場所(ロケ地)・目撃情報まとめ



オールドルーキーのあらすじ・新町(綾野剛)の役柄

まずはオールドルーキーのあらすじを大まかには説明していきますね!

元サッカー日本代表の新町亮太郎(綾野剛)は37歳とピークを過ぎていたものの、J3リーグ「ジェンマ八王子」に所属して現役プレイヤーとして活躍していました。

しかし、突然のチーム解散を告げられ、移籍先が見つからなかった新町は現役引退を余儀なくされ、ハローワーク通いをしてサラリーマンとして就職することになります。(予告動画では工事現場のバイトなんかもしています・・・)

その後ひょんなきっかけでスポーツマネージメント会社であるビクトリーの社長である高柳(反町隆史)に引き抜かれ、セカンドキャリアとして選手を支えるサポート側になります。

元サッカー日本代表である37歳の新町が、家族のために選手のサポート側に回るという、第二の人生を応援するようなドラマになります!

オールドルーキーは実話?原作は漫画?

オールドルーキーのあらすじを見ると、何か実話や原作があるような内容なので

「もしかして原作は漫画?」と思う人が多いようですが、オールドルーキーには原作はなく、オリジナル脚本になります。

実話ではなく、漫画もありません。(同じ名前のアメリカ映画や漫画がありますが、内容も異なり全く別物です)

こちらは福本靖さんが脚本を手掛けるオリジナル作品になっています。

福本靖さんは数々の人気作品を手掛ける有名な脚本家で、代表的なものには以下のような作品があります。

  • HERO
  • ガリレオ
  • 海猿
  • 未来への10カウント
  • CHANGE

春ドラマでも福本靖さんは「未来への10カウント」を脚本していたので、2期連続の脚本になりますね。

オールドルーキー新町(綾野剛)のモデルはいる?黒部光昭が濃厚な理由

原作はないという話でしたが、

  • 元サッカー日本代表で37歳まで現役だった
  • 元気で人を応援するような人柄

という新町の設定を見ると、モデルになっている人物がいそうですよね。

綾野剛さんが2022年現在で40歳なので、おおよそその位の年齢で可能性があるのは

  • 黒部光昭
  • 中山雅史

の2人ではないかと思います。

ただ中山雅史選手は人気もあり性格的にはぴったりのような気がしますが、37歳で引退はしていませんし、サポート側に回ったという話も聞かないので、一番可能性があるのは黒部光昭選手だといえます。

https://twitter.com/SoccerKingJP/status/709348476006432769?s=20&t=gKbvQWFFPkd3mMz6Swed1Q

黒部光昭さんのプロフィール

  • 生年月日・年齢:1978年3月6日(2022年現在44歳)
  • 出身地:徳島県
  • 選手歴:徳島商業高 → 福岡大 → 京都パープルサンガ → セレッソ大阪 → 浦和レッズ → ジェフユナイテッド千葉 → アビスパ福岡 → カターレ富山→ TTMカスタムズFC(タイ) 2015年現役引退

参考:カターレ富山公式サイト

2015年に現役引退とありますが、黒部さんは新町(綾野剛)と同じ37歳の時に現役引退をして、その後同じようにカターレ富山強化部長という、選手をサポートするお仕事に就任されています。

5年間就任後現在は辞めているそうですが、「37歳で引退」「元日本代表」「引退後は選手のサポート側に回っている」と共通点が沢山あります。

もちろんこれが推測ではありますし、福本靖さんが色々な要素から設定を考えていると思うので実話とはいえません。

まとめ

以上、オールドルーキーにモデルはいるのか?原作は漫画なのかなど調査してみました。

黒部光昭選手の経歴に似ている部分があるので、脚本の1つの要素に盛り込んだ可能性はありそうですね!

オールドルーキー|田中樹か横浜流星がゲスト出演?初回1話撮影場所(ロケ地)・目撃情報まとめ