山崎 貴 (たかし)監督の身長は?妻や子供、年収も調査

山崎貴さんは、高度なCGを駆使したVFX(視覚効果)でヒット映画を連発している有名な映画監督さんです。

作品は有名なところでは「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」「STAND BY ME ドラえもん」などがあり、最優秀監督賞や優秀脚本賞などさまざまな賞を受賞されています。

最近公開となりました、冒険ファンタジー『ゴーストブック おばけずかん』も山崎貴監督の圧倒的なVFXで映像化されています。

そんな山崎 貴 (たかし)監督の身長は?妻や子供、年収も調べてみました。



山崎 貴 (たかし)監督の身長は?

山崎 貴 (たかし)監督の身長は180cmです。

高身長でとってもイケメンな監督さんですね。

舞台挨拶などでも俳優さん達と並んでいても様になる監督さんです。

 

職業:映画監督

誕生日:1964年6月12日生まれ

出身地:長野県松本市

出身高校:長野県松本県ヶ丘 (まつもとあがたがおか)高等学校

専門学校:阿佐ヶ谷美術専門学校

 

長野県松本市出身で13歳の時に見たスターウォーズの映画がきっかけで、映画に興味をもたれらようです。

阿佐ヶ谷美術専門学校に進み、そこで、基礎を学んでおられます。

 

 

山崎 貴 (たかし)監督の結婚した妻や子供は?

山崎貴監督は2012年4月に専門学校時代からの仲間である映画監督の佐藤嗣麻子(さとう・しまこ)さんと結婚しています。

入籍は2012年なのですが、山崎貴監督と佐藤嗣麻子監督は昔から夫婦同然の暮らしをされていたそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

岩手美人(@beautifuliwate)がシェアした投稿

 

 

佐藤嗣麻子さんも映画監督で、映画『アンフェア the answer』『K-20 怪人二十面相・伝』などのほか、脚本も多数手がけており、山崎監督の『BALLAD 名もなき恋のうた』や『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の脚本されています。

夫婦でお二人とも有名監督さんになられていますが、まだ学生時代からのお知り合いということで、有名になる前から二人で頑張ってこられたのでしょうね。

とっても素敵なご夫婦ですね。

 

子供については全く情報がありません。有名なお二人のお子さんとなれば少しは情報があってもおかしくないので、子供はいないという可能性が高いです。

佐藤嗣麻子さんも有名監督さんなので、お仕事一筋で頑張って来られたのかもしてないですね。

 

 

 

山崎 貴 (たかし)監督の年収はどのくらい?

有名映画をバンバンと出しており、「永遠の0」では興行収入90億近くを出した、天才監督として有名な山崎貴監督ですが、年収はどのくらいなのでしょうか?

一般的な映画監督の平均年収は、350万円〜500万円と言われています。

日本の平均年収は450万円〜500万円と言われているため、平均と大きな差はありません。

 

 そして、映画監督は「日本映画監督協会」という組合に加入していることが多く、協会では映画1本あたり、「最低350万円」の報酬と定められているので、350万を下回ることはないそうです。

 

ですが、山崎貴監督のような有名監督になると興行収入がある程度み込めるため、年収は1000万以上だと言われています。

 

まとめ

最近公開となりました、冒険ファンタジー『ゴーストブック おばけずかん』も山崎貴監督の圧倒的なVFXで映像化されています。

星野源さんが書き下ろしの新曲“異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)”が映画『ゴーストブック おばけずかん』主題歌に決定。

山崎貴 映画監督 が星野源さんに、熱烈オファーし、主題歌を書き下ろしてもらったようで、とっても楽しみですね。

 

今後もどんどんとヒット作を生み出されていくのがとっても楽しみですね。