【画像】バンクシー五輪イラストはどこにある?本物?メッセージの意味も調査(釣ヶ崎海岸)

2020オリンピックが開催されています。

そのオリンピック会場の近の壁に突如、バンクシーが書いたようなイラストが発見されました。

今回はこのイラストについて調べてみました。

 

この記事では、

  • バンクシー五輪イラストはどこにある?
  • バンクシー五輪イラストは本物?
  • バンクシー五輪イラストのメッセージの意味は?

を調査してみました。

 

 



バンクシー五輪イラストはどこにある?

 

話題になっているイラストはこちら

会場近くの壁に書かれています。

 

 

突如、五輪会場近くに描かれたイラストは、左に五輪のマークの輪っかが4つ描かれ、右には五輪のあと一つの輪っかであろう丸い輪っかを持った天使が描かれています。

 

このイラストが描かれている場所は、「東京五輪のサーフィン会場近く」とテレビでは報道されています。

 

五輪のサーフィン会場は 「釣ヶ崎海岸サーフィンビーチ」となりますので、このあたりでしょう。

 

 

バンクシー五輪イラストは本物?いたずらで偽物?

このバンクシーのイラストは果たして本物なのか?というのがSNS上で上がっています。

 

ですが、現段階でバンクシーが日本に来ているとは考えにくいので、いたずらではないのか?という意見が多数ありました。

 

バンクシーだとしたら何で入国できてんだよ。

本物だったら、本人が作画映像残しているのでは?

 

本物だったら作画画像を残しているのでは?という意見があったので、調べてみたところバンクシーは自分の作品はインスタに載せています。

 

ですが、この釣ヶ崎海岸にある五輪のイラストはバンクシーのインスタにはありませんでした。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Banksy(@banksy)がシェアした投稿

 

壁に書いている作風はとても似ていますね。

 

バンクシーのファンの方がメッセージをこめて書かれたのでしょうか?

いたずらとして書かれたのなら大問題になってくるのでは・・と心配にもなってしまいました。

 

バンクシー五輪イラストのメッセージの意味は?

まず、この絵は28日の朝に見つかっています。

27日まではこの釣ヶ崎海岸でサーフィンの大会が行われていたのでたくさんの関係者がいたと思われるので、

イラストを書いているのを誰もみていないという事なので、27日夜から28日の早朝に描かれたと思われます。

 

では、このイラストのメッセージの意味は何なのでしょうか?

 

 

コンクリートの壁に 輪が一つ欠けたオリンピックマーク 

その横には 顔にガスマスクを着けた天使… 右手には十字架 

左手に赤い輪を持つ姿が…

その輪をよく見ると ウイルスを表すかのような突起が…

 

オリンピックとコロナのことをメッセージとして捉えられている方が多くありました。

 

一つのコロナ化した輪を 天使が他の輪に掛け五輪を作ろうとしている。 コロナ五輪ってことか。 天使の手にはコロナ犠牲者を悼む十字架。 さすが社会派アーティスト、バンクシー

色々調べてたら「天使が持ってるのはコロナウイルスで五輪に害をなさないようにどこか遠い所へ運んで行ってくれようとしている」っていう解釈を見て、凄くお気に入りの絵になりました、やっぱりもうバンクシー本当に好き。

 

この絵の意味は書いた本人にしかわかりませんが、良いイメージで捉えられている方、

悪いイメージで捉えられている方がおられて、絵画の持つ影響力や想像力を感じました。