【動画あり】小林賢太郎のホロコーストいじりのラーメンズネタが炎上!

五輪開会式の演出の元ラーメンズ・小林賢太郎さんのコント動画が炎上しているようです。

現在は解散しているラーメンズですが、現在、お笑い芸人というよりはクリエイターや俳優としても活躍されている相方:片桐仁さんとのシュールなコントでたくさんのファンを楽しませておりました。

今回、小林賢太郎さんが東京五輪の演出をするということで、話題になっているのですが、先日、東京五輪開会式の音楽担当であるミュージシャン小山田圭吾さんが過去のイジメにより、参加を辞退することになり、話題となりました。

今回、小林賢太郎さん・ラーメンズの動画とはどのような動画だったのでしょうか?



小林賢太郎のホロコーストいじりのラーメンズのコント動画

ホロコーストとは、ナチス政権とその協力者による約600万人のユダヤ人の組織的、官僚的、国家的な迫害および殺戮を意味します。

その動画がこちら↓↓↓

ちょっと問題があり、フル動画ではりませんが、、、

タイトル:『できるかな』というコントになり、小林さんが“のっぽさん”、片桐さんが『ゴン太くん』になったパロディコントとなっており、

途中で『ユダヤ人大量虐殺ごっこ』と発言しております。

その他にも、ラーメンズのネタには、不謹慎ネタが多く、『日航機墜落事故ネタ』『障害者ネタ』というのがネット上で物議を醸し出しております。

まとめ

『【動画あり】小林賢太郎のホロコーストいじりのラーメンズネタが炎上!』と言うことでお伝えしてきました。

今回のオリンピックの企画者側の過去の作品や発言が取り沙汰され、小山田圭吾さんやのぶみさんも参加を辞退することが続き、小林賢太郎さんも同様に叩かれる可能性も高いです。

しかしながら、

あくまでもコントのネタとして捉えればそれまでですが、ネタがネタだけにネット上では、賛否両論です。

否定的な意見が多い中、迫る開会式。

今後、どの様な展開になっていくか?注目していきます!