山崎洋一郎の逮捕歴はデマ?経歴や学歴を調査!【ロッキングオン編集長】

音楽雑誌「ロッキング・オン・ジャパン」刊行の、ロッキング・オン社が、小山田圭吾さんに関して、お詫びの声明を発表したことが大きな話題となっています。

「傷つけてしまった被害者の方、およびご家族の皆様、記事を目にされて不快な思いをされた方々に深くお詫び申し上げます。」と謝罪。「犯した過ちを今一度深く反省し、二度とこうした間違った判断を繰り返すことなく、健全なメディア活動を目指し努力して参ります」記し、「ロッキング・オン・ジャパン編集長 山崎洋一郎」と締めくくっている。
引用:Yahoo!ニュース

ロッキング・オン・ジャパンの編集長は、山崎洋一郎さんということが判明し、調査しましたら、「逮捕歴」というサジェストがありましたので、その真相や、真相を裏付けるための学歴や経歴も調査してゆきます。



山崎洋一郎さんに逮捕歴は?デマの可能性も?

山崎洋一郎さんには逮捕歴があるという噂を、Twitterの投稿で確認しました。

薬物が原因で逮捕?という投稿ですね。

「前科一犯」も詳細が不明です。

ただ、山崎洋一郎さんには逮捕歴があるというのは、

デマの可能性も有り得るのではないでしょうか?

山崎洋一郎さんの逮捕が、デマかもしれないとする根拠は以下の3つです。

  1. 山崎洋一郎さんのWikipediaに逮捕歴の掲載がない。
  2. 山崎洋一郎さんの逮捕歴について調査したが、SNS投稿しか見つからない。
  3. 山崎洋一郎さんの逮捕に関して記述のSNS投稿が、信憑性が低い可能性があり。

確かに、山崎洋一郎さんを検索すると、サジェストに「逮捕」というキーワードが現れるのも事実ですし、Twitterの投稿でも、山崎洋一郎さんが逮捕されたとする投稿もありました。

しかし、逮捕された噂はあるものの、その信憑性は現在のところ低く、

デマの可能性も否めないのではないでしょうか。

というわけで、逮捕歴がある?という質問の答えは「不明」とさせていただきます。

山崎洋一郎さんの学歴は?

六甲高等学校、上智大学外国語学部卒業。
引用:ウィキペディアフリー百科辞典

山崎洋一郎さんの学歴は、六甲高等学校を卒業し、上智大学外国語学部卒業のようです。

兵庫県の六甲高等学校の偏差値を調べてみますと、2020年、2019年と偏差値は、73でした。

兵庫県の六甲高等学校を卒業している芸能人は、映画監督の黒沢清三や、NHKアナウンサーの入江憲一さんなどがおられました。

上智大学外国語学部の偏差値は、60.0〜67.5でした。

山崎洋一郎さんは、高校も大学も高学歴だということが判明しました。

山崎洋一郎さんの経歴は?

1986ねんにロッキング・オンに入社後、

1991年から邦楽雑誌『ROCKIN’ON JAPAN』2代目編集長、

2000年から洋楽雑誌『rockin’on』4代目編集長に歴任。

2006年から『ROCKIN’ON JAPAN』の編集長に復帰。

2010年5月号より、『ROCKIN’ON』と『ROCKIN’ON JAPAN』の編集長を兼任します。

2021年現在、ロッキング・オンの勤務歴は、35年目ということです。

ちなみに、今回問題になっている、小山田圭吾さんのインタビュー記事の掲載は、1994年です。

山崎洋一郎がロッキング・オンに入社したのは1986年なので、小山田圭吾さんの記事は、山崎洋一郎さんが入社して8年目くらいの頃ということですね。

小山田圭吾さんのインタビュー記事を編集し、掲載していた当時の編集長が、山崎洋一郎ということで、前述したように、山崎洋一郎さんが謝罪を発表したということのようです。

人気があった記事についてなのですが、

宮本浩次さんとの記事は人気があったようです。

しかし、今回の小山田圭吾さんのインタビュー編集を担当したということで、世間からの評判も変わってしまうのかもしれませんね。

山崎洋一郎の逮捕歴はデマの可能性があり?学歴や経歴まとめ!

山崎洋一郎さんの逮捕歴については、確かに、Twitterにて、大麻にて逮捕という投稿がありまし、「前科一犯」という投稿もありました。

しかし、Wikipediaにも逮捕歴はありませんでしたし、山崎洋一郎さんの逮捕に関する話題のニュースサイトが現時点では見つかりません。

こういった理由で、デマの可能性も有ります。

ご本人からの確認がないために、山崎洋一郎さんの逮捕歴については、「不明」というのが答えになるでしょう。

高学歴で、ロッキングジャパンの勤務歴が35年ということも判明しました。

ロッキングジャパンに入社して8年目くらいに、小山田圭吾さんの記事の編集長だったことも判明しましたね。

少なくとも、山崎洋一郎さんはとても優秀な方だった事実には変わりないとは思いますが、小山田圭吾さんのインタビューの関しては、まだ騒動が続きそうな予感です。

今後どのような展開を見せるのか注目ですね。

今回の記事はここまでをさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!