米倉英信と内村航平との関係性とは?経歴や成績まとめ!

東京オリンピックにて、内村航平選手が鉄棒でまさかの落下!

予選落ちが決まりました。

そんな内村航平選手は競技後、

個人枠の代表を争った米倉英信さんに対して「土下座したい」と謝罪の気持ちを吐き出しました。

謝罪の気持ちを吐き出した、米倉英信さんと内村航平さんはどのような関係なのでしょうか?

また。米倉英信さんとは?

米倉英信さんの経歴や成績についても調べてまとめてみましたので、最後までご覧いただけると嬉しいです。



米倉英信と内村航平との関係性とは?

2021年6月6日まで群馬県で行われた全日本種目別選手権にて、跳馬の米倉英信選手と内村航平選手はギリギリの競り合いを演じました。

内村航平さんと米倉英信さんは、良きライバルであり、お互いを認め合うよき関係性を保っていたことが伺えますね。

内村が決まった代表個人枠は、より上位のメダルを狙える得点をマークした選手にポイントを与え、その合計ポイントで選考するシステムだった。日本の個人枠は現状「1」で、内村と争っていた跳馬の米倉英信(徳洲会)は届かなかった。引用:産経ニュース

2021年6月6日の全日本種目別選手権にて、代表に選ばれた内村航平さんでしたが、この時に、内村航平さん自身が納得のいく演技ではなかったようです。

そんな内村航平さんは、米倉英信選手に謝ったそうです。

代表に選ばれた内村航平さんが、代表に選ばれなかった米倉英信選手に対して、納得がいく演技ではなかったのに、代表に選ばれたというのが、申し訳なかったということなのでしょうか。

内村航平さんは、純粋にお優しい方なのではないでしょうか?

そんなふうに謝る内村航平さんに対して、米倉英信さんは「航平さんなら金メダルを取ってくれるんで大丈夫です」と返したようです。

なかなかの素敵な関係性で羨ましいです!

産経ニュースのニュースサイトには、米倉英信さんの顔画像写真もありましたが、

米倉英信さんの顔画像は笑顔で素敵でした。

https://twitter.com/hide_gym/status/1408845349653975051?s=20

東京五輪オリンピックでは、米倉英信さんは、スコアが0.07足りず、

代表には選ばれなかったものの、

オリンピックには補欠として携わることになりました。

0.07なんて、なんて微々たるスコアなのでしょう。

オリンピックの厳しさが伝わりますね。

2021年7月24日、東京オリンピックに選ばれた内村航平さんは、鉄棒落下というミスをしてしまいましたが、そんな内村航平さんにも、米倉英信さん優しく明るいお言葉をかけていらっしゃいましたね。

米倉英信の経歴は?

https://twitter.com/hide_gym/status/1117779552648880130?s=20

まず。米倉英信さんは、2019年2月22日のオーストラリア・メルボルンで開催されたFIG体操ワールドカップメルボルン大会男子跳馬にて、ご自身が編み出した。伸身カサマツ2回半ひねりの新技を披露して成功!

これが国際体操連盟(FIG)からオリジナル技として認定され、『ヨネクラ』と命名されたことが、4月15日に発表されています。

では、それ以前の経歴をまとめます。

  1. 名前:米倉英信(よねくらひでのぶ)
  2. 生年月日:1997年5月1日
  3. 身長:155㎝
  4. 体重:49kg
  5. 種目:体操
  6. 得意種目:跳馬
  7. 所属:徳洲会

米倉英信さんの父親は元体操選手でした。

その影響で、米倉英信さん自身も5歳から体操を始めます。

体操選手としての成績は?

中学校時代の、第43回全国中学校体操競技選手権大会個人総合に出場し、25位の成績に終わっています。

高校3年生の時(岡山県関西高等学校)は、全国高等学校総合体育大会にて、団体総合2位、種目跳馬2位という成績を収めています。

2016年大学時(福岡大学)には、2018年6月の第72回全日本体操競技種目別選手権大会にて、白井健三らを抑えて優勝を果たします。

2021年の全日本種目別選手権では、東京五輪代表をつかむことはできませんでしたが、内村航平さんとの競り合いを演じ、注目を浴びるようになりました。

米倉英信と内村航平の関係性まとめ!

ここまで米倉英信さんと、内村航平さんの関係性をまとめてみました。

内村航平さんのお人柄が滲み出るお優しいコメントと、米倉英信さんの内村航平さんへのコメントも素敵だと思います。

お2人はライバルでありながらも、素敵な関係性であったこともわかりましたね!

国際体操連盟(FIG)からオリジナル技として認定され『ヨネクラ』と命名された、米倉英信さんも素晴らしい選手だということがわかりました。

これからもお二人のご活躍を期待しています!

本記事はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!