市村正親の結婚歴は?若い頃のイケメン画像も!元妻は八重沢真美! 略奪婚の結末はやはり離婚!

俳優の市村正親さんと女優の篠原涼子さんが離婚を発表されました。

お二人は205年12月に結婚。24歳も年の離れた二人とのことで話題になりましたよね。
現在、中学1年生の長男、小学4年生の次男がいらしゃいます。

離婚後の親権は市村正親さんのご希望で、市村正親さんが持つそうです。

市村正親さんは篠原涼子さんと結婚する前、劇団四季の女優「八重沢真美」さんと結婚していました。

当時ドロドロ略奪婚とまでいわれた再婚でした。

今回は「市村正親の結婚歴は?若い頃のイケメン画像も!元妻は八重沢真美! 略奪婚の結末はやはり離婚!」と題しまして、

*市村正親の結婚歴は?

*市村正親の若い頃のイケメン画像!

*市村正親の元妻は八重沢真美!

このようなテーマでお届けしてまいります。



市村正親の結婚歴は?

市村正親さんは、1984年35歳のときに八重沢真美さんとご結婚されました。

八重沢真美さんは、バレリーナを目指していましたが、身体の故障のためにバレリーナの道を断念。

その後1982年に劇団四季に入団。

1983年5月に「アンデルセン物語」で市村正親さんと共演し意気投合。
翌年の1984年にご結婚されました。

その後21年間結婚生活を送っていましたが、子供はいません。

八重沢真美さんいわく、「いつか友人に戻るかも」と思い、子供を作らなかったと言います。
同じ職業で、お互いの才能を認め合うよい関係だったそうですが、それ以上の家族にはなり切れなかったのでしょう。

若い頃のイケメン画像!

市村正親さんの若い頃の映像を見てみましょう。

これは、1975年にミュージカル「エクウス」に出演ときのもの。
1990年に再演された際には主役のアランを演じます。

市村正親さんの40歳のころの映像です。

かっこいいですね!!

元妻は八重沢真美!

市村正親さんの元嫁は「八重沢真美」(やえざわまみ)さん。

市村正親さんとの結婚により、一時期舞台から遠ざかっていました。
家庭に入り専業主婦に専念していたのですが、2003年に市村正親さんと離婚し、19年ぶりに舞台に復帰されています。

 

市村正親と篠原涼子の離婚理由は?

市村正親さんと篠原涼子さんは24歳の年の差婚で有名になり、その後オシドリ夫婦として有名でした。

2020年8月に篠原涼子さんがコロナウィルスの感染リスクを考えて別居を始めたとほうじられましたが、離婚の噂はありませんでした。

今回の市村正親さんと篠原涼子さんの離婚発表のそれぞれのコメントでは、このコロナがきっかけの別居生活で、お互いが夫婦、親、互いに役者として、新たな形を考えるようになったと言われています。

お互いを尊重した上での離婚のようで、円満離婚だと言われていますが、親権は市村正親さんが持つとのことで、いろいろと憶測が飛び交っているのは事実のようですね。

市村正親さんは、息子さんたちを役者にと思っているようです。

72歳にして2人の息子の子育ても始まりとなるのでしょうか?

まとめ

今回は「市村正親の結婚歴は?若い頃のイケメン画像も!元妻は八重沢真美! 略奪婚の結末はやはり離婚!」と題しまして、市村正親さんの結婚歴や若い頃のイケメンの姿も調査してまいりました。

八重沢真美さんと結婚している状況からの略奪婚だと言われた篠原涼子さんとの結婚。

ドロドロ略奪婚の結果は、またしても離婚となってしまいました。

最近の夫婦のカタチとも言える離婚という選択。

お互い一人ひとりの人生を歩みを考えさせられるニュースなのではないでしょうか。

今回はこの辺で失礼いたします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!