2021年2月13日の地震を予言(予知)するものはあったか調査

2021年2月13日、東北を震源としM7を記録する地震が発生しました。

東日本大震災からもうすぐ10年という節目の時に起こったこの大地震。

発生時間が夜23時をまわっていたこともあり、地震発生で飛び起きた方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はこの自信を予知または予言した人・ものはあったかということを調査していこうと思います。

「2021年2月13日の地震を予言(予知)するものはあったか調査」と題して記事を執筆していきます。

 



2021年2月13日の地震を予言(予知)するものはあったか調査

2021年2月13日、東北を震源とする大きな地震がありました。

報道内容はこちらです。

13日夜、福島県沖を震源とする大きな地震があり、福島県と宮城県で震度6強の揺れを観測しました。

夜23時という、静かな夜に突然の地震警報で目が覚めた、または飛び起きた方も多かったのではないでしょうか?

筆者はテレビに映る「地震がこれから来ます」警報が恐ろしい響きで家中を巡ったのが印象的でした。

また、このような大きな地震は10年前の東日本大震災以来だと報道されています。

気象庁によりますと、宮城県で震度6強以上の揺れを観測するのは、10年前の平成23年(2011年)4月7日、宮城県沖を震源とするマグニチュード7.2の地震で震度6強の揺れを観測して以来です。

また、福島県で震度6強以上の揺れを観測するのは、平成23年(2011年)3月の東日本大震災を引き起こした巨大地震の際に震度6強の揺れを観測して以来です。

まさに、「東日本大震災から10年」という節目に、また大きな地震が起こるというのは不思議なことです。

そんなことから、この地震を予言・予知していた人はいるのかということが気になりました。

地震予言・予知の現象や提唱していた人物などがいないか調査致しました。

地震予知の現象?千葉県でハマグリやグロブスターが大量に…

まずは、地震予知の現象について調べてみました。

すると、千葉県で気になる不思議現象が起こっていたことが分かりました。

ことは2020年11月下旬の3か月前、中日新聞がこのように報じています。

千葉県の九十九里浜の海岸で、特産のハマグリが大量に打ち上げられる怪現象が起きている。漁業権を持つ漁協などは海に戻す作業をしており、国や県は「採らないで」と強く呼び掛けるが、高級食材のハマグリだけに県内外から来て持ち帰る人が続出。一方、SNSでは「地震の前兆では」と不安視する声も。騒動の現場を歩いた。 (木原育子)

また、他の報道媒体も、2020年6月から起きている神奈川の異臭報道と合わせて「地震の前触れ」ではないかと疑う声があると報じていました。

思えば昨年から少し変わった現象が起きていたようです。

他にも、地震発生の4日前にはグロブスターが発見され話題となっていたようです。

こちらが報道内容です。

千葉・銚子市の君ヶ浜に「グロブスター」が打ち上げられた。グロブスターとは、グロテスク・ブロブ・モンスター(異様な肉や脂肪の塊の怪物)の略で、海岸に漂着した何らかの大きな生物の死骸のこと。腐敗しているため回収・分析される機会が少なく、何の生物か特定されるケースはまれ。未確認生物=UMAの死骸の可能性もある。今回のものは非常に不気味な死骸だ。専門家は「地震の前兆」の可能性に言及している

グロブスターが打ち上げられることはとくに稀だったようですね。

しかも、地震の4日前というタイムリーな時期から、注目する人も多いようです。

▼詳しくはこちらでまとめています

【地震予兆】千葉でハマグリやグロブスターの宏観現象が予知?【銚子・九十九里浜】

地震予知をした人物は?

次に地震予知、予言、警告などをしていた人物がいたか調査いたしました。

すると、東京大学名誉教授の村井俊治氏が地震の警告をしていたことが分かりました。

 

このツイートは2021年2月4日です。この日から1週間は警戒するようにと投稿しています。

その為2月4日~2月11日の警告となりますが、3日のズレは誤差でしょう。

この方は日本測量協会会長であり、MEGA地震予測というアプリケーションの監修もしています。

まさに日本が誇る地震の専門家が地震を警鐘していたことが分かりました。

▼詳しくはこちらでまとめています。

東大名誉教授村井俊治がツイッターで地震予測(予知)していた【MEGA地震予測】

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回は2021年2月13日の地震を予知または予告していた現状または人物がいたかまとめてみました。

すると、3か月前から数日前にかけていつもは起こらない『不思議な現象』が起こっていたこと、またはそれに関連して地震のプロが警告していたことが分かりました。

後の祭りにはなりますが、このような情報を取得し、自身でしっかりと防犯対策をすることが大事ですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

▼こちらもどうぞ