渡部健のバイト先・豊洲市場(ウニ)の目撃情報・場所・店名は?

不倫報道で活動自粛を余儀なくされた人気お笑いコンビアンジャッシュの渡部建さんが、現在は豊洲市場でアルバイトをしていることが発覚しました。

 

2020年の年末にはダウンダウンのガキの使いで復帰報道の噂が先立って謝罪会見を開きましたが、世間の厳しい反応から復帰には至らず、まさかのアルバイトという事実に驚く声が多いようです。

 

 

今回の記事は渡部建さんの現在のアルバイト先・豊洲市場でウニ運んでいる姿の目撃情報や場所・店名などを調査していくので宜しくお願い致します。

 

 



渡部健が豊洲市場でアルバイト?

渡部建さんが東京・豊洲市場でアルバイトしているのは2ヶ月弱(2020年2月時点)となっています。

 

お店は魚介類などを取り扱う大手仲卸店ということで、業務内容は荷物の運搬から整理などをしているそうです。

 

 

また、渡部建さんが豊洲市場でアルバイトをするきっかけを作ったのは妻の佐々木希さんが作ったらしく、関係者によると「家に閉じこもっていても孤独感や将来への不安が募るだけ。佐々木さんとしては、渡部さんに気持ちを切り替え、自分がどれだけ甘かったか見つめ直してほしいとの思いで、汗を流して働くことを勧めたようです」とのこと。

 

 

市場での仕事は深夜0時過ぎから翌朝まで、遅いときは帰りが午後になることがあるというハードワークだそうです。

 

一生懸命に働く渡部建さんの姿は市場の人からも「当初のイメージは良くなかったが見直した」と高評価を得ているのだとか。

 

 

こうして一生懸命に社会復帰を果たすために頑張っている渡部建さん。今後の復帰のきっかけになると良いですよね。

 

 

 

渡部健のバイト先・豊洲市場(ウニ)の目撃情報は?

渡部建さんが豊洲市場で目深にかぶって、ウニの箱を運んいる姿など、早くも目撃情報などが出ているようです。

 

 

ツイッターの一般人からも多数目撃情報が。

 

 

 

このように、渡部建さんが豊洲市場で働いていることは事実のようです。

 

ただ、いくら目撃情報があるとは言え、直接見に行ったりなんかすると市場の人の迷惑になるので避けたいところですよね^^;

 

 

 

渡部健のバイト先・豊洲市場(ウニ)の店名・場所は「山治」?

渡部建さんが豊洲市場でウニを運んでいるバイト先の店名・場所についてです。

 

当初、週刊誌などでは「豊洲市場の鮮魚仲卸店X」と報道されていましたが、それより前に出た記事には魚介卸売業者『Y』とされていました。

 

恐らく、Xではなく”Y”が店名のイニシャルに近い感じがしますよね。

 

 

ここで、妻の佐々木希さんがインスタグラムにてヒントとなる投稿をしていました。

 


「大好きな海鮮が届き沢山いただけてとても幸せ。親に似て、子供もお魚をモリモリ食べます☺︎」と投稿文がありますが、ハッシュタグに”山治”があり、その上写真には「魚がし 山治」のラベルがあるのです。

 

最初に報道されていた記事の「魚介卸売業者『Y』」とイニシャルが被っています。

 

もちろん、たまたま佐々木希さんが「魚がし 山治」で海鮮を購入したという可能性もありますが、たまたまにしては出来すぎた一致ではないでしょうか?

 

 

ちなみに、豊洲市場で高級商材を扱う「特種物業会」のカテゴリーでお店を調べてみると、「Y」のイニシャルを持つ店は13店あり、佐々木希さんが投稿した”山治”もヒットします。

 

とは言え、渡部建さんのバイト先が”山治”であると確定した情報はないので、あくまでヒントをつなぎ合わせた噂となっています。

 

 

そして何度も言うように、直接お店に見に行くとかの行為は避けていきたいところです^^

 

 

 

まとめ

渡部健さんのバイト先・豊洲市場(ウニ)の目撃情報から場所・店名について調査していきました。

 

現在、場所・店名で有力とされているのは佐々木希さんのインスタ投稿にもあった「魚がし 山治」というお店です。

 

渡部建さんが今回のアルバイトをきっかけに社会復帰できることを応援しています!