菅総理(首相)の長男・正剛の顔画像!学歴経歴・勤め先・仕事・年齢を調査

菅総理大臣の長男である正剛さんが違法接待疑惑で話題となっています。

 

長男側と会食したのは12人・計38回と、2019年11月には山田真貴子内閣広報官さえも接待を受けていたと更に話題になっています。

 

 

今回の記事ではそんな菅総理の長男・正剛さんの顔画像から、学歴経歴・勤め先の「東北新社」についてまとめていくので宜しくお願い致します。

 

 



菅総理(首相)の長男・正剛の顔画像!

菅正剛さんの顔画像は週刊文春にて搭載され、その姿はロン毛の今風男子であることが発覚しました。

 

https://twitter.com/cooo55/status/1361189474747576320

 

左側の男性が菅総理の長男「正剛」さんとなります。

 

 

他にも。

 

 

菅正剛さんは元々”バンドマン出身”といった経歴を持っているため(後に経歴は解説します)、元バンドマンを感じさせるようなロン毛姿ですね。

 

 

また、1987年、菅総理が横浜市議に初当選した際にも正剛さんの画像が公開されていましたが、子供の頃の写真のため今のロン毛の面影は全くありませんでした。

 

 

菅総理(首相)の長男・正剛の学歴

 

管正剛さんの学歴はかなりの高学歴となります。

 

高校・大学を順々に見て生きましょう。

 

 

菅総理(首相)の長男・正剛の高校

菅正剛さんは中間一貫の逗子開成高校です。

 

なので出身中学校は逗子開成中学となります。

 

逗子開成は中学高校ともに、偏差値67とかなりのエリート学校と言えるでしょう。(全国平均の高校偏差値は48.2。)

 

 

ちなみに父の菅義偉氏は息子達に対して中学高校運動部に入ることを強く勧めており、過去にこんな発言をしていました。

 

「子供には厳しかったですよ」
いつも言っていたのは「中学高校では運動部に入れ」ということ。
私は仕事柄、家庭にあまりいられないので十分な躾ができないですから。
部活というのは躾をしてくれますよね。
部活をちゃんと続けられれば、社会に出ても、まあ一生飯は食っていけるだろうと思ったんです。

 

そんな父親の教育もあってか、長男の正剛さんは中学高校ともに柔道部に入部していたそうです。

 

 

菅義偉氏においても、空手をしていた経験があるとのことで、運動をすることへの美学を強く持っていたと考えられますね。

 

 

また、正剛さんは高校時代、実行委員なども務めたり、目立つタイプではないけど真面目な学生だったそうですよ。

 

 

菅総理(首相)の長男・正剛の大学

 

逗子開成高校卒業後、菅正剛さんは明治学院大学に入学しています。

 

過去にインタビューで父の菅義偉氏が「明治学院です。」と答えていたので間違いなさそうです。

 

明治学院大学の偏差値は平均で59.25(各学部50〜63)となっており、近年では難関大学のMARCHと入試難易度がさほど変わらないと言われているほどの学校です。

 

 

また、詳しい学部などの情報は明らかにされていませんが、父の菅義偉氏の出身大学も法政大学法学部第一部政治学科となっており、親子揃ってマーチレベルの大学を卒業したということが分かっています。

 

 

 

菅総理(首相)の長男・正剛の経歴はバンドマンだが「キマグレン」ではなかった

 

菅正剛さんは大学時代から、バンドマンとして活動していたのはご存じでしょうか?

 

週刊文春に搭載された正剛さんの写真がロン毛であっただけに、バンドマンの面影を感じますよね。

 

 

正剛さんがバンドマンだったという事実を過去に週刊プレイボーイにて掲載された記事に父・菅義偉氏が長男・正剛さんのバンドについて語っていたことがあります。

 

記者:当時の長男ご本人は政治活動にご関心はあったのですか?

菅義偉:「バンドをやってたの。今はもうやめましたけど、あれと一緒に・・・。紅白にも出た、湘南の海でやってて100万枚ぐらい売れた・・・なんだっけ(と、ケータイでどこかに電話をして聞いてくれるセンセイ)。「きまぐれ」だって」

記者:「キマグレン、ですか?(苦笑)

菅義偉:「あのグループとバンド組んでいたんですよ。で、バンドの人が体を壊して辞めて(長男は)またぶらぶらしていたからその間だけ。選挙の間だけ」

 

 

また、正剛さんが活動していたバンドが「キマグレン」というバンドだったという噂が立っていましたが、事実ではないことを元キマグレン・クレイ勇輝が語っていました。

 

クレイは、総務省への接待問題で注目を集める菅総理の長男について、一部報道で、キマグレンのメンバーだったとされていることに「黙ってようと思ったけど、最近あまりにも言われるし、変な誤解をうむので」と切り出し「キマグレンはクレイとイセキの二人組です」と訴えた。

(引用:Yahoo!ニュース

 

 

このように、正剛さんはキマグレンのメンバーでなかったのに、なぜかキマグレンの元メンバーとフェイクニュースが流れてしまったのです。

 

なので、正剛さんが過去に活動していたバンド名や詳しい活動内容などは現時点では公表されていません。

 

在籍もしていなかったキマグレンというバンドの元メンバーと言われたのが不思議で仕方ありませんね。。

 

 

 

菅総理(首相)の長男・正剛は父親の秘書を務める

キマグレン脱退後、菅正剛さんは2006年〜2007年の間、総務大臣秘書官の職につき、約9ヶ月の間、父の菅義偉氏の秘書を務めました。

 

当時、正剛さんは25歳という年齢で、父親曰く「ぶらぶらしていた」ということで選挙の間だけ秘書官に起用したということです。

 

父の菅義偉氏は政治の世襲制には反対派なのですが、当時ぶらぶらしていた息子が心配だったのかもしれませんね。

 

 

しかし、結局正剛さんが秘書官の仕事は9ヶ月で辞めたということから、”向いていなかった”と思わざるを思えません。

 

それもそのはず、恐らくそれまで正剛さんは政治の勉強をしていたわけでもなく、元々バンドマンとして夢を見ていた青年がいきなり180度違うことをするとなれば長くは続かないのが当然とも言えます。

 

 

 

 

菅総理(首相)の長男・正剛の勤め先・仕事は「東北新社」

 

菅正剛さんは2008年に東北新社に入社します。

 

東北新社がどんな会社かと言うと、

映像に関するあらゆる事業を行っている「総合映像プロダクション」です。
CM制作、プロモーション制作、グラフィック・WEB制作、音響・字幕制作、番組・映画制作、ライセンス営業、BS・CS放送関連事業、ネット配信事業など、幅広い事業を展開しています。

(引用:https://www.tfc.co.jp/company/info/)

と、公式HPにて概要が書いてあり、「総合映像プロダクション」の会社となっています。

 

 

また、2020年5月から菅正剛さんは東北新社にて「メディア事業部の趣味・エンタメコミュニティ統括部長」と「東北新社グループの株式会社囲碁将棋チャンネルの取締役」も兼務しているそうです。

 

 

 

菅総理(首相)の長男・正剛の年齢は?

 

1987年、菅総理が横浜市議に初当選した際に「当時、6歳、3歳、6カ月の男の子がいました。」と記事にて書かれていたことが分かっています。

 

なので、そこから34年の月日が経ち、2021年2月時点では、

  • 長男(菅正剛さん)39歳
  • 次男36歳
  • 三男33歳

ということになりますね。

 

菅正剛さんの生年月日などは詳しい情報が公開されていませんでしたが、2021年の年で”40歳”を迎える年齢であることは間違いなさそうです。

 

 

まとめ

菅総理(首相)の長男・正剛さんの顔画像から、学歴経歴・勤め先・仕事・年齢を調査していきました!

 

週刊文春にて搭載された顔画像は目隠しこそされているものの、ロン毛であることが分かり「キマグレン」として活動していたバンドマンの面影を残しています。

 

 

また、バンドマンを辞めた後にふらふらしていたと父から言われている正剛さんですが、東北新社に入社と聞くとコネかなんかを疑ってしまいますね(笑)

 

今回の違法接待疑惑、家族ともに大変な騒ぎになっていくことですね。。。