【炎上】ドコモとKDDIが解約ページをnoindexに!検索できないよう工作!総務省激怒!

NTTドコモ(docomo)とKDDI(au)が携帯電話の解約手続きを案内するWebページを、検索エンジンで見つからないようにするHTMLタグを設定していたことが話題になっています!

これは総務省が2月26日に開いた有識者会議「スイッチング円滑化タスクフォース」で明らかになったもの。

 

noindex(ノーインデックス)タグを埋め込むと、YahooやGoogleなどの検索エンジンを使って検索しても検索対象外になってしまいます。

そのため、ドコモとKDDIのこのやり方に対して「卑怯」「せこい」など批判の声が相次ぎ、SNSで炎上しています。

ドコモとKDDIが行ったnoindexについて詳しく調べていきます!



ドコモ・KDDIが解約ページをnoindexに!

総務省は2月26日、NTTドコモとKDDIが携帯電話の解約手続きを案内するWebページを検索エンジンにインデックスされないようにするnoindexタグを設定していたことを指摘しました。

ドコモは2021年1月20日にnoindexタグを削除。

KDDIは2020年12月25日にnoindexタグを削除したそう。

ちなみに、ソフトバンクは元々noindexタグの設定はなかったそう!

 

そう聞くと、ソフトバンクはいい会社のような?

もしくは仲間外れ?

そんな気持ちにもなってしまいます。

ドコモの工作とは?なにをnoindexにしていた?

携帯電話

解約手続きに関するページをnoindexしていたようですが、ドコモはどんなページをnoindexにしていたのでしょうか?

ドコモがnoindexにしていたのは…

  • 携帯電話の解約お手続き方法
  • 携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約お手続き方法

の2ページです。

 

解約や、キャリアを乗り換えるときに使うMNPに関するページを検索できないようにしていたなんて悪質ですよね!

ドコモの言い分とは?

禁止

ドコモはこのnoindex騒動に関して、広報からこんなコメントが出ています。

「お得な料金プランや解約によって影響の出るサービスを解約前に案内することがお客様の利益につながると考えて解約ページにnoindexタグを埋め込み、直接表示ではなく該当情報のページを見たうえで解約ページに移行する仕様としていた」

とのことでした。

 

いやいや。

ドコモの解約方法を調べている人が、ドコモのお得情報から調べ始めるわけはないですよね。

残念な言い分です。

KDDIの工作とは?なにをnoindexにしていた?

パソコン

解約手続きに関するページをnoindexしていたようですが、KDDIはどんなページをnoindexにしていたのでしょうか?

KDDIがnoindexにしていたのは…

  • スマートフォン・携帯電話の解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客様へ

のページです。

 

ドコモとnoindexにしたページ内容は一緒ですね!

やはり悪質なのは変わりなしです。

KDDIの言い分とは?

KDDIからは特別に今回の件についてはコメントは出ていないようです。

言い分が通るとは思いませんが…

ソフトバンクは信用できる?そんなことはなさそう…

今回、ドコモとKDDIは解約・MNPに関するページをnoindexにして検索エンジンでひっかからないようにしていましたが、ソフトバンクは問題ありませんでした。

ソフトバンクは信用できるのかな?と思いきや…

実はソフトバンクは解約やMNPに関することはウェブからはできないんです。

電話や店頭からじゃないと対応してくれないので、あえてnoindexにする必要がなかったのかもしれません。

SNSでの反応は?

ドコモとKDDIの今回のnoindex騒動に対してSNSでは辛辣な反応が多くみられます

https://twitter.com/atumorisan_san/status/1365208542299389955?s=20

まとめ

ドコモとKDDIが解約・MNPに関するWebページを、検索エンジンで検索できなくするnoindexタグを埋め込んでいた件が明るみになり炎上している件について調べていきました。

すでにnoindexタグは削除されているようでしたが、今回の件でドコモとKDDIに対する不信感はかなり高まっているように感じました

元々大手キャリアは価格が高く、離れるユーザーも多くなってきていましたが、今回の一件が更に増長させる可能性もありますね。