仁藤夢乃(にとうゆめの)の経歴は?キンタロー似の韓国人?「おじさん社会」発言は男性蔑視?

一般社団法人Colabo、女子高生サポートセンターColabo代表である社会活動家の仁藤夢乃さん

お笑い芸人のキンタローさんに似ているとウワサになっています!

そして、国籍は韓国か?とのウワサも・・・?



仁藤夢乃(にとうゆめの)の経歴は?キンタロー似の韓国人?「おじさん社会」発言は男性蔑視?

そして、日曜日の朝の情報番組『サンデーモーニング』に出演した際の発言が物議を呼んでいます。

今回は仁藤夢乃さんのプロフィール&経歴や国籍などについて、調べてみます!

 

仁藤夢乃のプロフィール・経歴は?

名前仁藤 夢乃(にとう ゆめの)
生年月日1989年12月19日
出身地東京都町田市
出身高校恵泉女学園高等学校(中退)
出身大学明治学院大学社会学部
職業社会活動家

2021年2月時点で31歳です。

現在、一般社団法人Colabo、女子高生サポートセンターColaboの代表を務めています。

仁藤夢乃さんは東京都町田市生まれ。

仁藤さんの両親は不仲で、暴言が飛び交う家庭で育ったといいます。

親との関係は悪く、高校時代は昼夜逆転の生活を送りながら、メイドカフェでアルバイトをしていたそうです。

高校2年生で恵泉女学園を中退しますが、大学入学資格検定受験のため予備校に通い4か月後に合格。

そして、明治学院大学社会学部へ進学します。

予備校の講師であり、日本基督教団の新宿区百人町教会の担任教師である阿蘇敏文氏が指導する農園ゼミに参加。

そのゼミでフィリピンを訪れた際に、現地の売春の実態を見た事がその後の活動に影響を及ぼしました。

大学在学中の2011年5月に学生団体『Colabo(コラボ)』を結成

2013年3月に大学卒業し、『Colabo(コラボ)』を社会法人化

現在は女子高生サポートセンターColaboの代表も務め、夜の街を徘徊する少女に声をかけたり、食事を提供するなど、福祉支援につなぐ活動をしています。

 

仁藤夢乃の国籍は?

お笑い芸人のキンタローさんに似ているというお顔立ちの仁藤夢乃さん。

仁藤夢乃さんは従軍慰安婦問題を女子高生の売春問題と関連付けている運動も行っており、顔立ちなどから国籍は韓国では?と囁かれています。

元AKB48の仁藤萌乃さんは実の妹ですが、仁藤さんのご両親についての詳細は明らかにされていません。

そして、このようなツイートを発見しました。

このツイートの内容からでは国籍は断定できませんが、従軍慰安婦問題については韓国寄りな考え方なのかもしれません。

 

仁藤夢乃が『サンデーモーニング』で言いたい放題?

仁藤夢乃さんは2021年2月14日の『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演されました。

そして、番組内で「『おじさん社会』の構造を変える必要がある」と言及し、ネット上では物議を呼んでいます。

 

ネットの反応は?

「おじさん社会」の構造は変わるのでしょうか?

引き続き見守っていきたいと思います。