GACKT(ガクト)モラルなし降格決定?愛犬を里子で愛情無しの「犬はモノ」扱い?美談は見せかけ?

ミュージシャンのGACKT(ガクト)さんが自身のYouTubeチャンネルで、愛犬を知人に譲ったという動画が話題になっています。



GACKT(ガクト)モラルなし降格決定?愛犬を里子で愛情無しの「犬はモノ」扱い?美談は見せかけ?

2月10日にアップした動画は、ペットロスの知人の奥さんに自分の飼っている愛犬を譲るという動画ですが、これに批判が殺到しているのです。

自分の飼っていた愛犬を他人にあげる(?)とは、いったいどうなのでしょうか?

 

GACKT(ガクト)が愛犬を知人に譲渡?そんな簡単なことなのか?

J-CASTニュースによりますと

ペットロスの人に立ち直ってもらおうと、タレントのGACKTさん(47)が5か月育てた子犬をサプライズでプレゼントしたところ、愛犬家らからクレームが相次ぐ騒ぎになっている。

法的には問題がないようだが、育ての親から離れる犬がかわいそうだというのだ。これに対し、GACKTさんは、ライブ動画を配信して里子に出した事情を説明している。

 動画では、GACKTさんの親しい知人の家で14年飼っていた犬が20年5月に亡くなり、知人の妻がペットロスになっていると聞いて、GACKTさんが飼っている子犬をサプライズで贈るという企画だと説明された。妻は、落ち込みが酷くて自分で新たに犬を買うことができないため、GACKTさんから無理やり犬をもらう形にしたという。

そして、問題のYouTube動画がこちらです。

2月10日にアップした動画の内容は、GACKTさんのポーカーの師匠である土川氏が飼っていた犬が亡くなってしまい、その師匠の奥様がペットロスになって落ち込んでいるため、GACKTさんが飼っていた5ヶ月になる犬を譲るという内容です。

そして、2021年2月16日現在で、高評価は7,418に対し、低評価は32,000超えとなっています!

約4倍というBAD評価・・・。

法的には問題はないとのことですが、5か月も飼いならしてすっかりなついている「愛犬」をそんなに簡単に他人に譲れるものなのでしょうか?

 

ネットの反応は?

なんで自分の犬をあげるのかな
じゃあハイ、あげるよって感じに自分ならなれない。
逆に「あげるよ」って言われた側だったとしたら、引くわ。
感動なんかしない。

私はいくら親友がペットロスになったとしても愛犬を譲ると言う思考回路にはならないので恐らく一生理解出来ないと思う。

ガクト擁護派は、ペットをかったことがないんだろうな?
批判するというより、悲しいニュースかな。
一度家に迎えたら家族だから、よそにやるって気持ちは理解できない。
里子に出すって言ってたけど、本当にそう思うなら あげられない。アクセサリーと同じ感覚だろうな。
自分には不快なニュースでしかない。
あえて、報告しなくてよかったのでは?と思う。

もし私がされたら、え!もらえないよ!ちゃんと飼ってあげてって普通になるけど。
エゴはそれぞれかもしれないけど、犬をサプライズの出し物みたいにしてるのどうなのかな。
その人たちが飼っていた子に似たような子を探してプレゼントとかなら分かるけど、何で自分の犬なの?法的に問題があるとかではなく、これを動画にする辺りモラルを問われるのでは。

そもそも里子って言っていいの?

GACKT(ガクト)さんは愛犬を「里子に出した」と言っていますが、そもそも「里子」というのはどういう事でしょうか?

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説によりますと、

子供を他人に預けて養ってもらうこと,また,その子供をいう。
古くから行われており,貧しくて養育できない,婚姻外の子の処置に困る,あるいは母乳が出ない,悪い年回りの生れであるなどの理由で,自分の子供を他人に預けた。

とあります。

GACKT(ガクト)さんは経済状況も貧しくはないため、経済的な理由に「里子に出す」というのにはならないと思われます。

GACKT(ガクト)さんは「知人に愛犬を譲渡」しているので、「里子に出す」という表現は的確ではなさそうですね。

表向きは知人の奥さんがペットロスで悲しんでいるから、自分の愛犬をプレゼントしたという事になっていますが、5か月も一緒にいた愛犬を知り合いに譲渡するとは、その愛犬に対しての愛情はあったのか?と思ってしまいます。

本当の所、お忙しい毎日で、ただ「世話ができなくなったから」という理由が根っこになければと思うのですが・・・。

 

GACKT(ガクト)人格的に降格決定?

GACKT(ガクト)さんといえば、先日カリスマホストのROLANDさん、元キャバクラ嬢で実業家の門りょうさんと立ち上げた合同プロジェクト「G&R」の問題がありました。

商品のデザインが「パクリ」だったという事が判明した際、カリスマホストのROLANDさんは

「非常に申し訳ないことをしたなと、自分自身、多大なる責任を感じております」

と謝罪。

一方、GACKT(ガクト)さんは、

「キャバっぽくないドレスがいいと伝えてこんな感じで出来ましたってデザイナーさんからサンプル写真きて順位つけてって言われて、なーんにも知らんかった」

「有名人無駄遣いしてビジネスなめすぎ」

「ローランドさんが契約解除したけど、おれはそもそも契約すらしてないので」

と謝罪よりも、言い訳のように聞こえます・・・。

ネット上ではこれに対して、

<Gacktのメッセージは謝罪ではなく言い訳>

<盗作開き直りのGACKT『芸能人格付けチェック』映す価値なし>

<Gacktのみた時はなんか他人事にも聞こえたんだけど。>

<プロデュースを謳いながら、こういう状況になったら他人事>

<“俺以外”のまるで他人事のような言い訳や責任の押し付け合いがあまりに見苦しい>

散々たる批判が飛んでいました。

今回の「愛犬譲渡」騒動で、またしても自分の品格を降格させてしまったのは、決定的ではないでしょうか・・・?