南海トラフ地震・首都直下型地震・バヌアツの法則との関連性は?

2021年02月21日更新

2月13日(土)23時8分、福島沖でM7 . 3(震度6強)地震がありました。

東日本大震災の余震ということですが、被災地の方は、10年前の地震のことを

思い出し怖かったと思います。

幸いにも津波がなくて良かったです。

日本時間2月10日(水)20時20分頃、南太平洋を震源とするマグニチュード7 . 7の

巨大地震が発生しています。

今回の福島沖の地震と3日前の南太平洋の地震との関係はないのでしょうか?

これから起きると言われている南海トラフ・首都直下型地震との関連性や

バヌアツの法則についても気になりましたので調べてみました。

 

 



南太平洋でマグニチュード 7 . 7の地震

 

2月11日午前0時(日本時間2月10日午後10時)頃、ローヤリティー諸島南東南東方で

マグニチュード7 . 7 の地震が発生しました。

この地震の影響でバヌアツ、ニュージーランド、ノーフォーク島、ニューカレドニアなどで

津波を観測しています。

日本への津波の影響はありませんでした。

 

2月20日にもバヌアツボートヴィラでマグニチュード5 . 3の地震が発生しています。

最近では、東北・関東だけではなく、日本各地での地震が多くなっています。

南海トラフ・首都直下型地震が来ないか心配です。

巨大地震に備えておきましょう!

 

 

 

バヌアツの法則とは?

 

バヌアツとは、ニュージーランドの北側にある島々です。

そのバヌアツやフィジーなどの南の島々でマグニチュード6以上の地震が発生した場合

数日か2週間くらいの間に日本でも大きな地震が発生すると言われています。

バヌアツは太平洋プレートとインド・オーストラリアプレートの境目に位置しており、

太平洋プレートを時計回りに連動して地震が発生するようです。

つまり、ニュージーランドやバヌアツ付近の地震と日本の地震は連動するということで

『バヌアツの法則』呼ばれています。

そのバヌアツと日本の地震の発生確率は、実に6〜7割と言われています。

 

 

ニュージーランド地震と日本の地震

 

2009年7月15日 ニュージーランド(マグニチュード7 . 8)

2009年8月11日 駿河湾(マグニチュード6 . 5)

 

2010年9月4日 クライストチャーチ(マグニチュード7. 0)

2010年9月29日 福島県(マグニチュード5 . 8)

 

2011年2月22日 ニュージーランド・カンタベリー(クライストチャーチ)地震(マグニチュード6 . 3)

2011年3月11日 東日本大震災(マグニチュード9 . 0)

 

2011年6月13日 ニュージーランド( マグニチュード6 . 0)

2011年6月23日 岩手県沖 (マグニチュード6 . 7)

 

2011年7月6日 ニュージーランド・ケルマディック諸島(マグニチュード7 . 6)

2011年7月10日 東北地方三陸沖(マグニチュード7 . 3)

 

2011年11月18日 ニュージーランド北島沖(マグニチュード6 . 0)

2011年11月24日 北海道浦河沖(マグニチュード6 . 1)

 

2011年12月23日 ニュージーランド・クライストチャーチ(マグニチュード5 . 8)

2012年1月1日 鳥島近海(マグニチュード7 . 0)

 

2013年6月15日 ニュージーランド(マグニチュード6 . 0)

2013日8月4日 宮城県沖 (マグニチュード6 . 0)

 

2014年1月20日 ニュージーランド(マグニチュード6 . 1)

2014年3月2日 沖縄本島北西沖 (マグニチュード6 . 5)

 

2015年9月7日 ニュージーランド (マグニチュード6 . 3)

2015年11月14日 薩摩半島沖 (マグニチュード7 . 0)

 

2016年2月14日 クライストチャーチ (マグニチュード5 . 8)

2016年4月14日 熊本地震 (マグニチュード6 . 5)
2016年4月16日 熊本地震 (マグニチュード7 . 3)

 

2016日9月2日 ニュージーランド北島沖 (マグニチュード7 . 1)

2016年10月21日 鳥取県中部 (マグニチュード6 . 6)

 

2018年8月22日 バヌアツ (マグニチュード6 . 7)

2018年9月6日 北海道胆振東部地震 (マグニチュード6 . 7)

 

 

 

南海トラフ・首都直下型地震とバヌアツの法則の関連性は?

 

日本時間2月10日(水)22時20分ごろ南太平洋のニューカレドニア島で

マグニチュード7 . 7の地震が発生しました。

そこで気になるのが南海トラフ地震と首都直下型地震が発生しないかということです。

 

 

 

南海トラフ地震

 

南海トラフとは駿河湾から遠州灘、熊野灘、紀伊半島の海域と土佐湾、日向灘沖までの

フィリピン海プレートとユーラシアプレート接する区域のことを言います。

海側にあるフィリピンプレートが陸側にあるユーラシアプレートの下に

毎年数センチの速度で沈み込んでいるのですが、その歪みが蓄積され、

それが跳ね上がる時地震が発生します。

南海トラフ地域の地震は、100年〜150年周期で繰り返し発生しており、

直近だと1944年の昭和東南海地震、1946年の昭和南海地震が南海トラフの地震のようです。

国の地震調査委員会によると南海トラフでマグニチュード8〜9クラスの巨大地震が今後30年で

起きる確率が70%〜80%、南海トラフで巨大地震が起きた場合は、

3m以上の津波も発生するのは26%の確率だそうです。

近いうちに起こるのではないかと言われています。

 

 

首都直下型地震

 

2013年国は首都直下型地震は30年以内に70%の確率で発生すると発表しています。

東京都を中心とする首都近辺にマグニチュード7クラスの巨大地震が起こると言われています。

首都直下型地震は津波に加えて、火災も危険だと言われていますね。

木造住宅が密集して広がる地域は、老朽化した建物や狭い道路や行き止まりの道も多く

深刻な火災の被害が想定されています。

都市中心部の多くはコンクリートの建物なので火災のリスクは少ないものの

帰宅困難者で溢れます。

いつ起こるか分からない巨大地震、避難が遅れると危険な状況になります。

いつ地震が来てもいいように、頭の片隅にイメージしておくことも大切ですね。

 

 

 

まとめ

 

突然の緊急地震速報、驚きましたね。

東日本大震災の余震ということですが、津波がなくてほんとに良かったです。

10年経っても余震ってあるんですね。

東北の方達は、ほんとに怖かったと思います。

バヌアツの法則が本当なら、今回の地震も関係あるかもしれません。

首都直下型地震、南海トラフ地震、これから起こるであろう地震にも

対応できるように、一人一人が防災意識を心掛けるようにしたいですね。