特別給付金一律でなければ上級国民と一般国民で線引きを!アメリカは3回目14万円?【コロナ特別給付金法案】

やっと特別給付金の法案が提出されましたね。

特別給付金においては、菅義偉総理が、『生活保護がある』と一蹴(いっしゅう)

して批判を浴びました。

食べるものさえない困窮者にも手を差し伸べてくれない官邸が、

やっとコロナ特別給付金法案が提出されたようです。

これもSNSなどでの小さな声のおかげではないかと思います。

ただ、今回の給付金は、一律ではなく、生活困窮者に限定されるみたいです。

なぜ、前回のように一律ではないの?

と疑問符がつきますよね。

生活困窮者は、当然のことですが、

新型コロナの影響で給料が減たりして生活が苦しくなった国民は、

たくさんいるのではないでしょうか?

“生活保護を“と安易に答える菅総理を含めた上級国民には

一般国民の生活の苦しさは分からないのではないかと思います。

一律ではないなら、上級国民と一般国民と線引きをしてはどうでしょうか?

 



コロナ特別給付金法案

 

新型コロナ感染症による影響が長期化するため、大幅に減収した世帯や

低所得での住民税非課税の世帯に対して、一人10万円を支給するという

『コロナ特別給付金法案』を立憲民主党、共産党、社民党の野党が、

国会に提出しました。

想定される困窮者は、2700万人だそうです。

政府は追加政策の取りまとめとして、

特別給付金の再支給が検討に入っているとの報道がありました。

 

 

一律でないなら上級国民と一般国民での線引きを!

 

困窮者限定では解決策にはならないので、

政治家や官僚などの上級国民と一般国民と線引きして支給すれば

良いのではないのでしょうか?

菅総理含め、官僚の方達は、かなりの報酬をもらっているわけで、

しかも国民が納めた税金ですよね。

私たち一般国民は、全員特別給付金を貰う権利があると思います。

政治家は、身を削るという考えはないのでしょうか?

 

 

 

 

アメリカでは3回目の給付金14万円!

 

アメリカのバイデン大統領は、全国民に3回目の給付金14万5千円を

支給しているそうです。

ちなみに2回目は20万円の支給だったみたいですね。

この差は何でしょうか?

 

 

特別給付金の一律給付を求めます!

 

給付金再支給のネット署名が2月28日の時点で

8万2千筆以上集まったそうです。

今回、政府が検討しているのは、一律ではなく

困窮者限定のようです。

一律給付金を支給して欲しい人は、署名してはどうでしょうか?

 

 

まとめ

 

去年の今頃は、ここまで新型コロナ感染者が増えるとは、

誰もが思っていませんでしたよね。

政府も渋りながらもやっと1回目の特別給付金を

去年の5月ごろ支給しましたよね。

あれからもうすぐ1年になります。

あれから、新型コロナの感染者は減るどころか、

増えていき、緊急事態宣言も出たりで、ますます疲弊してきています。

そんな中、いまだ2回目の特別給付金を出し渋り、

やっと動いたかと思ったら生活困窮者限定とか、

一般国民全員生活に困窮していると思います。

一律にしないのなら、上級国民と一般国民と線引きを

したらどうでしょうか?