荒牧理沙(りさ)の過去/中学の炎上理由は?アンチが多いのはなぜ?【ボンビーLOVE】

日本テレビ系の人気番組「幸せ!ボンビーガール」で恋愛ドキュメント企画「幸せ!ボンビーLOVE~こんな私でも好きになってくれますか?」がスタートします。

 

この企画に出演する19歳のtiktokクリエイターの荒牧理沙(りさ)さんについて調べてみると、過去中学の時に炎上していたり、アンチが多いと自分でも認めていることがわかりました。

まだまだ若い荒牧理沙(りさ)さんなので有名インフルエンサーとなるといろんなトラブルが起こってもおかしくないという感じもしますが、荒牧理沙(りさ)さんの過去の炎上は何だったのか、またアンチが多い理由はなぜか調べてみました!

https://twitter.com/risa_91818/status/1360136806595846144



荒牧理沙(りさ)の過去/中学の炎上理由は?

荒牧理沙(りさ)さんは中学時代の過去に炎上をしていたようです。

荒牧理沙(りさ)さんは自分でもアンチが多いと言っていますが、ツイッターをみる限り荒牧理沙(りさ)さんを擁護している人の方が多く、アンチが多いというわけでもない気がします。

 

荒牧理沙(りさ)さんは自身のyoutubeチャンネルで『過去に炎上⁉️お騒がせ女子の真実』というタイトルで動画を出しています。

この動画では過去の炎上について具体的なことを語っているわけではないので、なぜ炎上したのかはわかりません。

しかし、「過去の行動を反省しているし、過去のことをプレッシャーに感じることもある」ということや、

「5年間引きずっている」「熊本の恥と言われたり、誹謗中傷やアンチも多い」ということを時折涙を見せながら話しています。

 

荒牧理沙(りさ)さんの出身は熊本なのですが『熊本の恥』というのは結構キツイ言葉ですよね。

 

炎上した理由について調べてみると、

中学時代は東海(東海大星翔高)に行きたいと言っていたけどぜんぜん勉強せずに彼氏作って、別れてはすぐ彼氏作って・・・とかそういうのは聞いたことはありますが、

というような情報がありました。

 

確かにツイッターでは

https://twitter.com/jsfarm11834/status/894582964037664768

という擁護のツイートがあるので、彼氏関連で炎上したと思われます。

 

また荒牧理沙(りさ)さんについて調べていると、「裸」というワードも出てきます。

なので、荒牧理沙(りさ)さんがいう「お騒がせ」とは、荒牧理沙(りさ)さんの裸の画像が流出したといった内容なのかもしれません。

これについては確証が持てない情報になりますが、断片的な情報から

  • 荒牧理沙(りさ)さんが彼氏を作るもすぐに別れる
  • 彼氏が荒牧理沙(りさ)さんの画像を流出させる

というような炎上なのかな、と思いました。

 

詳細の情報が入れば更新させていただきます!

荒牧理沙(りさ)のアンチが多いのはなぜ?

荒牧理沙(りさ)さんは自身でもアンチが多いと認めています。

 

アンチも嫉妬の感情や、過去の炎上で嫌いになった人が荒牧理沙(りさ)さんに対して誹謗中傷をしているようです。

荒牧理沙(りさ)さんはyoutubeの動画の中で

「アンチが多くて誹謗中傷を受けると、私のことを思ってもうやめたほうが良いと言ってくれる人がいる。それはありがたいけど、自分が芸能活動を続けたい理由がある。」

ということを話しています。

 

荒牧理沙(りさ)さんにとってこれまで何にも興味を持てなかったけれど、芸能活動は唯一真剣になれることのようです。

また「昔は言い訳をたくさんしていた」ということも言っているので、興味をもって一生懸命になれることがない時に色んな中途半端なことをして”言い訳”をして自分を正当化していた過去があるということなのでしょう。

 

過去の炎上もそう言った荒牧理沙(りさ)さんの過去の性格が反映されたのかもしれません。

 

ですが、中学時代の炎上も反省して今は夢に向かって邁進している荒牧理沙(りさ)さんに対して、「昔はあんなことしたのに!」という感情になる人もいるんでしょうね。

youtubeのコメントを見ていてもツイッター同様、アンチよりも応援や「可愛い!」というファンのコメントが多いです。

過去にとらわれずに、活躍してる荒牧理沙(りさ)さんを素直に応援できる人が増えるといいなと感じました。

まとめ

荒牧理沙(りさ)さんの過去の炎上は何だったのか、またアンチが多い理由はなぜか調べてみました。

炎上の理由についてはしっかりとした内容がわからなかったので、もし荒牧理沙(りさ)さんの過去の炎上について知っている方がいましたら、コメントで教えていただけると嬉しいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!