渡辺陽太(ミスター慶応) 祖父・父親の会社は貧困ビジネス?もみ消しは上級国民?

2016年のミスター慶応ファイナリストだった渡辺陽太さんが光山和希容疑者と共に強制性交の疑いで埼玉県警大宮署に逮捕されました。

渡辺容疑者は18年9月に女性の暴行しているところを通報で駆け付けた警察官に現行犯逮捕されました。

それ以来、余罪が次々と明らかになり、準強制性交、準強制わいせつ、昏睡強盗、窃盗の疑いで神奈川県警に5回逮捕されています。

 

渡辺陽太容疑者は最初の逮捕当時、東京・港区の麻布十番駅徒歩5分の超高級マンションに住んでいる御坊ちゃまだったとか。

なんでも渡辺陽太容疑者の祖父は一代で総資産100億円超の土木関係のグループ企業を築き上げた人物で、渡辺陽太容疑者の父親も千葉県市川市の会社を経営しており、現在渡辺陽太容疑者もその会社の社員寮に住んでいるようです。

渡辺陽太容疑者自身や、祖父・父親の経営する会社はどんな会社なのか、調べてみました。



渡辺陽太(ミスター慶応) の祖父の会社は?

渡辺陽太(ミスター慶応) 祖父の会社はどんな会社なのでしょうか。

調べてみると、「株式会社地商土木」という名前がでてきました。

株式会社地商土木

千葉県千葉市に根ざして40年余りになる株式会社地商土木は、土木建築業として関東一円の現場を中心に下請業務を行っており、営業所は千葉県内に4ヶ所あります。 私たちが行なっている土木工事は、人々の生活の基盤を支える仕事です。そこに住む人が安心でき、豊かに生活が送れるような街づくりを目標に、社会に貢献する誠実な企業を目指します。

 

渡辺陽太の祖父は渡辺元(わたなべはじめ)氏という名前のようです。

千葉県で総資産100億円を超える企業グループを率いる人物で歌手活動やテレビ番組のスポンサーもしているようです。

事業も成長させ、自分のやりたいことは自由に叶えてきたようなおじいさんのようですね。

渡辺陽太(ミスター慶大) 祖父の会社は貧困ビジネスをしている?

渡辺陽太(ミスター慶応)の祖父、渡辺元(わたなべはじめ)氏は経営する会社は貧困ビジネスをしている会社ではないかという疑惑があります。

貧困ビジネスとは

「貧困層をターゲットにしていて、かつ貧困からの脱却に資することなく、貧困を固定化するビジネス」

を意味します。(ITメディアビジネスより)

 

実際に渡辺陽太(ミスター慶応) 祖父が経営するという株式会社地商土木は”貧困ビジネスで問題となっていた”などと書かれているwebサイトもあります。

そのサイトの情報によれば

  • 地商土木は建設業界専門の人材派遣業の会社ですが、地商グループとしていくつかのNPO法人(NPO共生協会、NPOやすらぎの会、NPOあけぼのの会)を立ち上げている
  • 地域を元気にしたいといい、生活困窮者や高齢で働けない人などを支援したいとうたっている
  • 実際には貧困ビジネスといわれる、生活保護受給者を対象にした宿泊施設をつくり、他と同じように生活保護費を搾取している
  • 無料低額宿泊所の入所者のほとんどは、生活保護受給者です。生活保護受給者は役所から紹介されて入所する場合も多くある
  • ホームレスなどに声をかけて、生活保護の申請をさせて入所させるケースも多く、貧困ビジネスの温床にもなっている

と書かれています。

また12月7日の文春オンラインの記事では

実態は貧困ビジネスそのもの。グループでは約2000人の生活保護者が入居していますが、生活保護費から部屋代、食事代、布団代、共益費を徴収し、1人につき月額約9万円が同社の利益となる。本人の手元には月額2万円ほどしか残らないのです。

と書かれており、渡辺陽太(ミスター慶応)の祖父の会社が貧困ビジネスをしているという噂は単なる噂ではないようです。

渡辺陽太(ミスター慶応) の父親の会社は?

渡辺陽太(ミスター慶応) の父親が経営する会社はなんという会社なのでしょうか。

現在はwebサイトが見れなくなっていますが、株式会社Kスクエアという会社名が渡辺陽太の父親の会社ではないかと言われています。

株式会社Kスクエア

職種:土木、建築、解体、足場、プラント内作業、築炉

仕事内容:千葉県及び、近県の土木作業の仕事です。 千葉市内の事務所又は宿舎に集合し各現場へ向かいます。 職歴不問、未経験の方も歓迎しています。 仕事の内容は、簡単なものから幅広くあります。 現場用の一輪車で土を運ぶ現場や、職長として現場に行く事もあります。 徐々にステップアップを目指していける職場です。 指示に従って動くこと、分からないことはすぐ聞く、ということを意識して実行できる方を求めています。(ガテン系仕事ナビより)

 

渡辺陽太(ミスター慶応) の父親が経営しているとされる株式会社Kスクエアも、渡辺陽太の祖父の会社と同様の土木関係の会社のようです。

渡辺陽太も会社社長?

渡辺陽太自身も親の会社の子会社の社長をしていたようです。

週刊文春によれば

『俺は親がやっている会社の子会社の社長。アルバイトをしなくてもお金が毎月入ってくる』と自慢げに話していました」

と書かれています。

 

調べてみると渡辺陽太が社長となっている会社は株式会社地商ファクトリー

であることがわかりました。

株式会社地商ファクトリーは千葉県市川市にあり、とび・土工工事業の建設会社のようです。

こちらのサイト(ツクリンク)をみると、

代表者 渡邉陽太

と書かれていました。

 

実態としては会社社長として業務をするというよりもペーパーカンパニーのようなものだったのではないかと思われます。

すべての人がそうではありませんが、実力もないのにお金ばかりたくさんもつとまともな事にならない例の最たるもののように感じてしまいます。

渡辺陽太の犯行はもみ消された?上級国民なのか

渡辺陽太の犯行は横浜地検によって「不起訴処分」となっています。

この処分に、”上級国民なのか”など、反発の声も出ています。

横浜地検は19年1月、渡辺容疑者と光山容疑者、一部事件で共謀した4人全員を不起訴処分とした。今回の犯行はそのわずか2カ月後のことである。

 

渡辺陽太の家族に関してはこちらの記事もどうぞ↓

関連記事

ミスター慶大ファイナリストに選ばれていた渡辺陽太が6回目の逮捕をされました。 渡辺陽太は実家がお金持ちのようなのですが、家族や両親・祖父はどのような仕事をしているのでしょうか。 また兄弟や生い立ちについても調べてみました。 […]

まとめ

渡辺陽太容疑者の祖父や父親の経営する会社はどんな会社なのか、調べてみました。

渡辺陽太容疑者の犯罪歴やそれが不起訴となっていることを知ると、許せない気持ちになりますね。

 

また調べていて過去の渡辺陽太容疑者の家族に関するリークのツイートなどが今ではみられないということが多々ありました。

家族は躍起になって情報を消しているのかも…という気も。

 

今回はきっちりと裁かれることを願うばかりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。