adoの声の出し方はどうやってるの?「うっせぇわ」「レディメイド」など

最近youtubeで大ブレイクしているadoの「うっせぇわ」「レディメイド」などは、「かっこいい!」と憧れる人も

多いのではないでしょうか?

でも、adoのあの歌い方ってなかなか簡単に真似できるものではありませんよね。


今回はadoの歌い方について、どんな技術なのか、どんな歌い方なのかを調べてみました!


adoのプロフィール

adoの声の出し方はどうやってるの?「うっせぇわ」「レディメイド」など

大人気ヒット曲「うっせぇわ」という曲でとても有名になったAdoについて最初に、簡単なプロフィールを紹介してみます。

誕生日:2002年10月24日

出身地:東京都

現時点で確実なプロフィールはたったのこれだけだそうです。

2002年生まれという事は2021年現在は高校3年生という事になるのです!

とても若い年齢で大ヒットした彼女ですが、彼女のに今回は注目してみました。

adoの声の出し方はどうやってるの?

Adoの声は「がなり声」という声の出し方をひたすらに練習する必要がありそうです。

専門的な話になってしまうかもしれませんが、がなり声を簡単に説明すると、仮声帯発声と正式には記し、漢字の通り仮声帯が大きく影響している発声方法です。

これについては解説動画などを参考にするとわかりやすいでしょう!

こちらのyoutuberうみくんの動画では「大蛇丸の声の真似をする!」という何とも取っ付きやすい方法で紹介されています!(笑)

(大蛇丸は岸本斉史が作成した漫画シリーズ、NARUTO-ナルト-の架空の人物。)

ここで、がなり声は喉を傷つけてしまわないのかと思った方は多くいるのでは無いでしょうか?

言ってしまえば傷つける事になってしまいます。

 

ですが、傷つけないための練習法があるのです!

それは、「段々の積み重ね」が最重要となってきます。

 

全くの初心者が「Adoみたいな声を出したい!」と言って練習に本気で取り組んでも喉の負担が大きくなってしまうだけです。

それを防ぐためにも段々の積み重ねが重要となるのです。

 

具体的に実際にやってみたいと思う方は、最初からAdoを目指すのははっきり言ってしまえば無理があります。

なので目標点をそこに決め、それを達成するためにまずは基礎となるボイストレーニング等と言った声作りをしていくべきだと思います!

まとめ

今回は精神的な面などの解説となってしまいましたがいかがだったでしょうか?

もし、Adoを目指して努力をしている方には読んでもらいたい記事となります!

お読み頂きありがとうございました。