森且行が落車事故したオートレース場はどこ?怪我(骨盤骨折)の容態・復帰はいつ?

オートレーサーの森且行さんが、24日午後6時半頃、レース中に落車して大けがを負ってしまったとのこと。

ファンは森さんの容態や復帰が心配だと思います。

メディアでは骨盤を骨折している状態と言われていますが、それがどの程度の怪我なのかピンとこない人もいるでしょう。

そこで今回は、

  • 森且行さんが事故したレース場はどこなのか
  • 森且行さんの容態は?
  • レース復帰はいつ?当分難しい?

この辺り分かっていることをまとめていきます。

 



森且行がレース中に落車事故したレース場はどこ?

ニュースによれば、森且行さんが落車したレース場は福岡県飯塚市にある「飯塚オートレース場」です。

レースを見ていた人も、あっと息を飲んでしまう突然の事故だったとのこと。

G1レースの特別戦の最中で、他レーサーと接触してしまったことによる落車でした。

以前、森さんは千葉県船橋市の「船橋オートレース場」でも落車事故になってしまったことがありますが、今回は違うレース場での事故となります。

 

レースを見ていた人からは、「心配になるような落ち方だった」「派手な事故だった」

なお、接触事故の相手である新井恵匠(あらいけいた)さんは無事とのことです。

何人も怪我人が出る事態とはなりませんでした。

森且行の怪我(骨盤骨折)の容態は?

森さんは、落車による事故の後で緊急搬送されました。

公共財団法人JKAによると、検査を受けたところ骨盤が骨折していることが分かり、現在も入院中とのこと。

全治も不明とのことで、かなり重傷と言えるでしょう。

しかし、命に別状はない点だけは、不幸中の幸いと言えるかもしれません。

昨年SG優勝を果たしたばかりなだけに、今回の事故と怪我はかなりショックですね。

なお、救急車に乗り込む際、

「痛いけれど、心配しないで」

Yahoo!ニュース

と伝えていたそうで、話すことができていたようです。

森且行のレースへの復帰はいつなのか

森さんがいつ復帰できるのかも、まだ分かっていません。

オートレーサーの落車や競馬のジョッキーの落馬などは、かなりの重傷になることが珍しくなく、復帰にも当然時間がかかります。

骨盤骨折は治すのにも相当な時間がかかる可能性が高いですし、松葉杖やリハビリ期間も長くなるかもしれません。

復帰時期は分かっていないものの、ほんの1、2か月で復帰できるような怪我ではないことは確かです。

まとめ

森且行さんがオートレース中に事故になり、骨盤骨折という大けがを負ってしまいました。

命に別状はありませんが、全治不明で復帰がいつになるかは分かりません。

一流のオートレーサーである森さんはファンも多いですよね。

時間がかかってもしっかり治して、またレースに挑戦してほしいです。