推し、燃ゆ(宇佐見りん)の文庫本はいつ発売予定?単行本より安く読む方法も!

  • 2021年1月21日
  • 2021年1月23日
  • 生活

芥川賞受賞で一気に人気作家の仲間入りを果たした宇佐美りんさん。

受賞作「推し、燃ゆ」は、単行本として1,540円で発売されていますね。

ただ、単行本ということで少し値段が張ってしまうのが悩みどころ。

そのため文庫化まで待つ方も大勢いらっしゃいます。

では、宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」は、いつ文庫本として発売されるのでしょうか。

また、現時点で単行本の定価よりも安く買う方法はあるのか調べてみました。

この記事では、『推し、燃ゆ(宇佐見りん)の文庫本はいつ発売予定?単行本より安く読む方法も!』ということで情報をまとめています。

それでは早速本題に移りたいと思います。



推し、燃ゆ(宇佐見りん)の文庫本はいつ発売?

推し、燃ゆ(宇佐見りん)の文庫化はいつ頃になるのでしょうか。

通常、単行本が発売開始されてから、文庫本になるのは2〜3年とされています。

「推し、燃ゆ」は、2020年9月10日に河出書房新社から出版されているため、通常は2022年9月〜2023年9月の期間を目処に文庫化されるのではないかと推測できます。

文庫化はもっと早い?

しかし、単行本として発売されても、中には1年数ヶ月で文庫化する作品もあります。

このような例外に当たるケースに共通していることが

・何か大きな賞を受賞している
・売り上げが好調

です。

上記のような作品は、単行本の発売から2年を待たずに文庫化される傾向にあるようです。

大きな賞というのは、芥川賞、直木賞に限らず、本屋大賞やミステリー大賞など、本にあまり親しんでいない人でも聞いたことがある賞のことですね。

今回、宇佐見りんさんの単行本「推し、燃ゆ」は、間違いなく人気作品になると思います。

文庫化までそう遠くはないでしょう。

単行本より安く読む唯一の方法とは?

とはいうものの、「すぐに安く読みたい!」という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時におすすめしたいのが電子書籍Kindleで読む方法です。

Kindleであれば、1386円と安い価格で手に入れることができます。

単行本の価格よりも、154円もお得に購入できます。

また、現在Amazonでは、単行本の再販待ち状態となっているようです。
※1月28日入荷予定

おそらく、入荷してもすぐに売り切れる可能性があります。

内容は同じなので、紙媒体にこだわりがないという方は、Kindleがおすすめです!

まとめ

この記事では、『推し、燃ゆ(宇佐見りん)の文庫本はいつ発売予定?単行本より安く読む方法も!』ということで情報をまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました!!