崖の上のポニョ | リサはなぜ呼び捨て? そうすけが実の両親を名前で呼ぶ理由

2008年に公開されたスタジオジブリの長編アニメーション映画「崖の上のポニョ」。
何か言葉にするのが難しい不思議な印象を受ける作品です。

その中で特に違和感のような強い印象を残すのが主人公・宗助の両親の呼び方。

宗助は5歳の子どもですが実の両親であるリサと耕一を「ママ」「パパ」「お母さん」「お父さん」と呼ばずに名前を呼び捨てで呼びます。

初めてこの作品を観て「え?」と思う人も多いのではないでしょうか。
そこで今回はその理由について考察をしていきたいと思います。



理由1 : ストーリーを成り立たせるため?

「5歳児である宗助が実の親を呼び捨てにする」という世間の多数派と違った家庭の描写が実はストーリー全体を成立させるための重要な要素になっていると考えることもできそうです。

もしもリサが一般的な古き良き日本のお母さん的なキャラクターだったとしたら…と考えてみると、物語が成り立たなくなってしまいます。

ふつうのお母さんだったらポニョが登場したことやその後に起こるできごとなどすんなり受け入れることはないでしょう。
そのためリサと宗助のキャラクター設定のためというよりは、ポニョの物語の大枠が進行するために必要だったのではないでしょうか。

子どもに呼び捨てで名前を呼ばせていることでリサは一般家庭とちょっと違う価値観を持っている人だという印象が強く、その後の物語が自然に進行できているような気がします。

理由2: 二人の呼び方を見て育ったから?

こどもが生まれるとお互いを「パパ」「ママ」「お父さん」「お母さん」と呼ぶようになる家庭は少なくありません。

一方リサと耕一は宗助がある程度大きくなった後でもお互いを名前で呼び合っています。夫婦ともにずっとそのように呼び合っていたので宗助が自然にそれを真似して呼び捨てするようになったと考えるのは自然なことでしょう。

 

理由3: リサの教育方針?

親のことを名前で呼ぶ家庭は多数派ではないにしても少なくない数で存在しています。
呼び捨てとはいかなくても「〇〇さん」などと呼んでいる人も合わせれば意外とありうることで、私の友人や知人の中でもそのようなケースは何人か知っています。

特に家庭環境が複雑というわけではありません。

そのような家庭を見てみると以下のような特徴があるように感じます。

・親と子が友達のように仲が良く、親しみを込めて呼んでいる
・子どもの自立心が強い

宗助がリサを呼び捨てにするのをリサが止めたりしないのは、リサが宗助を一個人として尊重していることの現れという意見もあります。

親と子とか大人と子どもといった主従関係的なものではなく対等な存在でありたいというリサの教育方針というか意図のようなものが感じ取れますね。

リサと宗助の関係性は、ポニョと両親の関係性と比較するととてもわかりやすいです。リサと宗助が対等な人間関係を築いているように見えるのに対してポニョの父親(フジモト) はポニョを束縛しています。

「お母さん」という呼び名が無くてもリサと宗助は紛れもない親子。

名称とか肩書に囚われない本当の意味での人と人の絆について宮崎駿監督は描きたかったのではないでしょうか。

理由4 : キャラクター設定?

宗助は5歳児にしては言うことも話し方も行動も大人びています。

リサのことを宗助が「お母さん」「ママ」と呼んでいたら、全く印象が違ったものになっていたでしょう。甘えというか、ふつうの子どもが一般的に持っている幼さが全面に出てしまいますが宗助が「リサ」と呼ぶことで彼の「子どもらしくない利発な感じ」が一層際立ったものになっています。

宗助が年よりもしっかりとした性格でなければ嵐の中宗助を残して職場に向かおうなんて思わなかったでしょう。

宗助が年齢より大人びた描写になっているのに対してリサは母親ではあるけれど、人間的にまだ成熟していない部分が強調して描かれているように感じます。

例えば運転が荒かったり、嵐の中子どもを家に置いていってしまったり、夫が帰ってこられなくなったことで料理をしない! と不機嫌になってしまったり。

でもだからといってリサに母親としての自覚がないとか愛情がないというわけではありません。物語の細部を見てみるとむしろ逆で、無鉄砲なところはあるけれど、命というものに対して大きな責任を負っている人物という印象を受けます。

船乗りである夫を支え、デイケアサービスの高齢者たちを嵐から守ろうとし、波の上を走るポニョを保護する。

とんでもないことがいろいろ起こっていますがいつもさらっと受け入れて今を乗り切る力を持つのがリサの姿です。そんな肝の座ったリサを理解すると息子と対等にざっくばらんな関係を築いている描写がかえって自然に感じてきます。

まとめ

崖の上のポニョの中でリサと耕一が実の子ども・宗助から呼び捨てで呼ばれる理由について、私個人の推測やファンの中でも意見が分かれていることなどをまとめてみました。

スタジオジブリからは正式な声明を出していないようですが、それは宮崎駿監督が物語を観る人それぞれが自由に解釈してほしいと願っているからかもしれませんね。

この記事の中で書いたことはあくまで個人の憶測でありますが、このような意見があることを念頭に置いてもう一度鑑賞するとまた違った趣が出てくるのではないかと思います。